うはwww速

だらだら暇つぶしに読める話から話題のニュースにアダルトなネタまでスレッドをまとめて紹介するまとめサイト「うはwww速」です

引用元 今の若い人ってめちゃくちゃ損してるよな。。。

1: 2016/06/09(木)15:42:12 ID:nep
例えば勉強。

どの業界も分野も最初はゼロからだったろ?
でも先人達がやってきた事や知識が積み重なって
今は膨大な量の知識があるという事だ。

そうなると学生は今までの膨大な知識を覚えなくてはいけない。
特にITや医療は秒進分歩の世界で昔はソフトウェア開発なんてまだそんなに勉強しなくても取れたようなもんだ。

だが今は進んでいる世の中のおかげで試験問題はガラリと変わり
覚える数も昔と比にならないくらい多くなった。

私はそう思えば思うほど今の若者がいかに損をしているか気付いてほしい。
もっと細分化されるべきだと私は思います。
そして何を学びたいか何をしたいかでより専門的知識だけを深く学べれる環境が大事だと思うんだけどどう?
no title

【今の若い人ってめちゃくちゃ損してるよな。。。】の続きを読む

引用元 韓国で大ブームの新感覚かき氷「ソルビン」が原宿に日本初上陸!

1: 2016/06/09(木)23:00:56 ID:1GX
韓国で一大かき氷ブームを巻き起こした人気店、コリアンデザートカフェ「SULBING(雪氷:ソルビン)」が日本初上陸!口に入れた瞬間に溶けてしまう粉雪のようなかき氷は、話題になること間違いなし!
画像:センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)


no title

【韓国で大ブームの新感覚かき氷「ソルビン」が原宿に日本初上陸!】の続きを読む

引用元 ケントギルバート氏が舛添のアホに贈ったアドバイスが正論すぎる

1: 2016/06/09(木)08:51:31 ID:Jsa
『法に詳しい「第三者の弁護士」を自腹で雇って
「厳しい目で調査してもらう」よりも、
弁護士に渡す予定の全ての書類を「東京地検特捜部」に持ち込んで、
「厳しい目で調査して下さい」ってお願いすれば、弁護士費用と時間と、
両方の無駄を節約できますよ!』

こりゃ傑作だわwww
((´∀`))ケラケラ
no title

【ケントギルバート氏が舛添のアホに贈ったアドバイスが正論すぎる】の続きを読む

引用元 神話料理作るよー(´・ω・`)

1: 2016/06/09(木)19:53:08 ID:Jh8
かつて全知全能、スポーツ万能な神が存在した。
名は「ドドット=ツブピョン」
ドドットは全てを司る完全無欠の神だった。
だがその完璧さ故に、天にいる自分は進化しないという事を知り絶望する。
そこでドドットは自身の能力を複数に分け、それに知能を与え地上へ堕とす事にした。
全てを同じにするのでは無く、知能、身体能力、創造力、性欲、見た目、スピード、パワー、ジャンプ力
8種類の個性の内1つを高く設定し物理的に地上に落とした。
高いところから落ちると痛いから落ちる先を湖にした。
だがその考えは浅はかだった。高度が高すぎたのである。
焦ったドドットは泡を手から出し湖に送ったがそれは1つ隣の湖だった。
全てが無駄となった。
悲しむドドットはそれを隣の湖の泡に付けて食した。ぐううまだった。

それを広めたものがこの「どどっとつぶぴょん」である。

no title

【神話料理作るよー(´・ω・`)】の続きを読む

引用元 元ニートだが親のコネで父親の職場でバイトする事になったが正直辛い

1: 2016/06/09(木)20:52:42 ID:0KK
仕事自体は案外なんとかなってるんだけど家帰ると父親が挨拶がなってないからここでおはようございますって大声で言えとか言ってくる
no title

【元ニートだが親のコネで父親の職場でバイトする事になったが正直辛い】の続きを読む

引用元 【今日のサヨク】共産党が下校中の小学生に「戦争で親が死ぬ」「爆弾が落ちる」と脅して安保法反対署名を書かせる

1: 2016/06/10(金) 08:25:43.359 ID:U40sB/1P0
 東京都足立区で昨年6月、路上で署名活動をしていた共産党の運動員が
帰宅途中だった複数の児童に、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」
「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を
求めていたことが9日、分かった。同区の共産区議団側は「行き過ぎだった」と
非を認め、保護者に謝罪した。

 区教育委員会などによると、昨年9月に成立した安保関連法の国会審議が
続いていた同6月下旬、学童保育から別々のグループに分かれて帰宅途中
だった区立小学校の児童計約10人に、地元商店街の路上で安保関連法案の
反対署名活動を行っていた運動員が相次いで声を掛け、署名を求めた。

 児童は主に1、2年生で、署名に応じた児童もいたが、「(戦争になれば)
お父さんやお母さんが死ぬ」と言われ、帰宅後に恐怖で泣いていた児童もいた
という。保護者から相談を受けた学校側は教員を現場に向かわせ、駆けつけた
保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪し、署名活動を取りやめた。

 共産区議団によると、運動員は近寄ってきた児童に対し、先の大戦の沖縄
戦などを説明した上で「戦争になったら爆弾が落ちてくる。それは困るでしょ」
などと言って反対署名を求めたという。産経
http://www.sankei.com/life/news/160610/lif1606100001-n1.html

【【今日のサヨク】共産党が下校中の小学生に「戦争で親が死ぬ」「爆弾が落ちる」と脅して安保法反対署名を書かせる】の続きを読む

このページのトップヘ