引用元 まる子「大野君と杉山君がゲイ!?」

1: 2016/10/08(土)00:03:49 ID:92N
大野「あぁ、そうなんだ。」

杉山「今まで黙ってて悪かったな…ってそんな訳ないだろ!」

大野「俺達は只の親友だ!」

まる子「でもちょっと怪しいよアンタ達」

杉山「俺たちが怪しいなら丸尾と花輪だって怪しいぜ」

大野「あぁ。あと藤木と永沢もな。」

まる子「丸尾君と花輪君は抱き合ってたしかなり怪しいよ。
でもなんで藤木と永沢なの?」

大野「馬鹿いえ、見りゃわかるだろ。藤木の奴、永沢にあんなにボロクソ言われてるのにいっつも一緒にいるんだぜ」
no title

2: 2016/10/08(土)00:13:34 ID:92N
杉山「そうだそうだ、裏でなんかヤってるぜあいつら」

まる子「言われて見りゃそうだね。ちょっと聞いてみよう」

藤木「永沢君今のさくらたちの話聞いてたかい、僕達ゲイ扱いされてるよ」

永沢「フン、僕はそんな扱いされる前にとっくにゲイさ」

藤木「な、なんだってー!?」

永沢「何言ってるんだい今更、それを言ったら小杉と山根だってデキてるじゃないか。」

藤木「デキてるって何がだい」

永沢「君は疎いね、恋人同士って意味さ」

藤木「え!?山根君と小杉君がかい?驚いたな」

永沢「ちなみに小杉がネコさ。」

丸尾「君達、教室でエッチなはなしをするのはズバリ止めるでしょう」

杉山「おい丸尾!お前ゲイなのかよ」

丸尾「ひぇ~!人の性癖に口を出すのはズバリ止めるでしょう!」

大野「花輪と出来てるんだろ?」

丸尾「違います!ズバリ片思いでしょう!」

皆「片思い!?」

杉山「はぇー…お前片想いなのか。ゲイの癖に片想いとかついてねぇなぁ」

丸尾「ズバリ片想いなら他にもいるでしょう!」

ブー太郎「大野君杉山君、抱いてほしいですブー」ブヒブヒ

大野「嫌だよ!あっちいけ!」

杉山「ヒイッ」

4: 2016/10/08(土)08:04:57 ID:92N
まる子「驚いたなぁこの教室はゲイだらけだよ」

永沢「君、ちょっと後ろ見てみろよ」

まる子「なにさ…ん?」


たまえ「ハァハァ///まるちゃんまるちゃんまるちゃん///」

まる子「まさか…」

永沢「そういう事さ」

まる子「うわぁ~~~!」

5: 2016/10/08(土)08:09:34 ID:92N
大野「一体どうなってるんだこの教室は…」

杉山「俺達今までこんな環境で生活していたのか?」

まる子「まさか同性愛者疑惑最大手の大野君と杉山君がノーマルだったなんてねぇ」

大野「おい、他にもいるかも知れねぇからちょっと探してみようぜ」

まる子「それもそうだね。ここまで居るなら他にもいるかもね」

杉山「あぁ、行ってみようぜ」

7: 2016/10/08(土)08:12:52 ID:D9z
ワロタw脳内再生余裕すぎるwww

9: 2016/10/08(土)09:11:46 ID:92N
冬田「大野君が私に愛されていないことを喜んでるのよぉ~~」

みぎわ「よしよし、酷いことするわねん。これだから男は…」

大野「まさか…」

杉山「いやまさかな…」

みぎわ「カーテンの向こう側で愛し合いましょう」

前田「私もいるわよ」

大野「ヒィッ!」

杉山「迷惑顔面兵器醜女三人組がデキてるだって~!?」

まる子「あたしゃもうなにが何だか分からないよ」

10: 2016/10/08(土)09:18:43 ID:92N
大野「見なかったことにしようぜ」

杉山「トラウマもんだぜ」

まる子「トホホ…いつからこんなに狂い始めたんだい」

大野「次は城ヶ崎と笹山だな」

杉山「この流れから行くとアイツらも…」

まる子「ばかっ!怖いこと言わないでよそんな訳ないじゃん」

杉山「おい城ヶ崎、笹山」

城ヶ崎「何か用かしら?」

笹山「どうしたの?」

大野「お前らもしかして同性愛者か?」

城ヶ崎「ちょっと!失礼なこと言わないでよ!」

杉山「えっ違うのか」

まる子「ほっ」

城ヶ崎「私は笹山さんと日常的にえっちなことしてるけどバイよ!」

大野「え、え!Eえっちなこと!?」

まる子「落ち着きなよ大野君」

城ヶ崎「そうよ。私は笹山さんを愛すると同時に永沢に想いを寄せてるのよ!」

杉山「はぇ~知らなかった」

大野「え、えっちなことって具体的になんだよ」

まる子「ちょっとやめなよ大野君…」

12: 2016/10/08(土)09:47:31 ID:92N
城ヶ崎「あら、知りたいの?」

大野「知りたい」

杉山「童貞丸出しだぞコイツ」

まる子「あたしゃちょっと見損なったよ」

城ヶ崎「じゃあ大野君も一緒にどう?」

大野「え…それはいいや…」

杉山「なんでだよ、どうせなら混ぜてもらえよ。死ぬほど興味あるんだろお前」

大野「城ヶ崎と笹山じゃあな…そもそも小学生がえっちなことなんてやっちゃダメだろ」

キートン「至極普通の意見である」

13: 2016/10/08(土)09:50:33 ID:92N
笹山「駄目よ!大野君なんて!私は城ヶ崎さんと2人きりがいいの!」

杉山「レズじゃん」

まる子「迷惑顔面兵器醜女三人組よりは多少ましだよ」

大野「お、おいえっちなことってなんだよ」

城ヶ崎「男はいいの。ヒ ミ ツ よ?」

大野「くそォおお」

杉山「元気出せよ大野」

まる子「そうだよこの先いい事あるよ」

14: 2016/10/08(土)09:51:22 ID:1z3
後半へ続く

15: 2016/10/08(土)10:00:27 ID:92N
大野「次は…誰かいたか?」

まる子「結構いるよ、長山くんととしこちゃんでしょ。あとはかよちゃんと関口と山田と…」

杉山「片っ端から当たっていくか。」

18: 2016/10/08(土)10:18:13 ID:92N
杉山「おーい土橋」

としこ「キャッ!杉山君!話しかけないで…ってあああ」ブブブ

大野「!?」

まる子「としこちゃんっ!?」

としこ「あっどうしよう…長山くんが…」

大野「長山ってどういう事だよ?」

としこ「話しかけないでぇぇ」ブブブ


長山「君達、としこちゃんに何か用かい?」

大野「長山!土橋、どうなってんだよ。」

長山「簡単なことだよ。彼女はお仕置きを受けているのさ。」

杉山「お仕置き?」

長山「あぁ、彼女には男と話すのを禁止しているんだよ。」

大野「どうしてだ?」

長山「僕は嫉妬心が強いから、つい束縛したくなっちゃうんだよ(暗黒微笑)」ポチッ

としこ「きゃあああ!みないでぇえ!!」



長山「君の考えてる通りだと思うよ。」

杉山「あっ!大野がまた童貞モードに!」

まる子「もう知らないよあたしゃ」

大野「卑猥だ…卑猥だ卑猥」

19: 2016/10/08(土)10:21:33 ID:92N
抜けてた

大野「お、おい…それってまさか」

長山「あぁ、君の考えてる通りの物だと思うよ。」

大野「卑猥だ…卑猥だ卑猥」

杉山「あぁ!大野がまた童貞モードに!」

まる子「もう知らないよ、あたしゃ」

20: 2016/10/08(土)10:58:06 ID:92N
まる子「関口の所いこう」

大野「そうだな」

杉山「もう行こうぜ」

関口「たかしっ!口開けろっ!!」

たかし「嫌だァーーー感じてしまう自分が嫌だァーーー」

関口「うぉおおおお」パンパン

大野「」

杉山「」

まる子「この教室で犯罪が起こってるよ…大変だよ」

杉山「いや、よく見ろよ。たかしも喜んでるぞ」

まる子「えっ!言われて見ればそうかも…」

大野「レレレレイ」

まる子「あわあわ」

杉山「ダメだこいつら…おい、関口!教室で○〇プすんの辞めろよ!」

関口「あぁん?うっせぇよ!もう少しで出るんだ、邪魔すんじゃねぇ」

たかし「ワンワンっ!ワン!」

関口「よーしよしいい犬だ。御褒美をさずけよう」ドピユッ

たかし「くぅーンくぅーン」

大野「恐ろしいぜ」

まる子「もう嫌だよあたしゃ」

杉山「俺だって嫌だよ…くせぇし」

21: 2016/10/08(土)11:04:19 ID:92N
まる子「あっ、大変だ!かよちゃんが囲まれてる!」

杉山「なに!?」

冬田「私も好きだった人を諦めてこっち側ち来たのよ」

みぎわ「わたしもよん」

前田「私は男子嫌いの真性のレズだよ」

かよこ「いや…でも私には杉山君が…」

みぎわ「ちょっと!アタシ達とイチャイチャするのが嫌なわけぇ?」

かよこ「いや、だよ」

前田「酷いじゃない!どうせアンタだってフラれるんだから早くこっちに来なさいよ!」

かよこ「そんなぁ…」

杉山「おい、お前ら!嫌がってる相手にレズを強要するのやめろよ!」

醜女三人組「杉山君っ!?」

かよこ「杉山君///」ジュン

まる子「そうだよ止めなよ!かよちゃん嫌がってるじゃん!」

大野「レイ○なんて俺は認めねぇぞ」

25: 2016/10/08(土)11:14:51 ID:92N
みぎわ「ちっ、逃げるわよんっ」

冬田「覚えてなさいよ」


かよこ「ありがとう杉山君///」

杉山「別に」

まる子「普通って素晴らしいね」

大野「だな」

山田「アハハハ!なにが普通なんだじょー?」

まる子「山田!」

杉山「お前の異状性癖教えろよ」

キートン「異常性癖持ち確定である」

山田「アハハハ!おでの性癖はNTRだじょー!」

大野「NTR!?」

まる子「って、なにさ。」

山田「ガヨヂャンオイラといい事スルジョーwww」

かよこ「ええっ!?嫌だよ!」

杉山「嫌だって言ってることはやめろよ」

山田「おいらも嫌だじょーーーwwwwwwwww」

大野「熱い展開だぜ」

まる子「ちょっと!NTRってなんなのさ!」

26: 2016/10/08(土)11:23:06 ID:92N
大野「NTRっていうのはなぁ…うーん、その」

まる子「なにさなにさ」

大野「おい、耳かせ」ゴニョゴニョ

まる子「ひゃ!!ちょ、ちょっとアンタ!耳くすぐったいから息吹きかけるのやめてよ!」

大野「わ、わりっ!」

杉山「何やってんだあいつら…」

山田「ガヨヂャンガヨヂャン」

かよこ「いーやー!!!」

杉山「あっ山田!」

山田「どっちだじょー?」

杉山「どっちもだよ!ちっ、くらえ!俺の必殺シューーー」

山田(池沼)「イデェーーーー」ガクッ

かよこ「また助けられちゃった…///」

杉山「危ないところだったな。」

かよこ「ごめんね。ありがとう杉山君」

杉山「あぁ、これくらいなら何時でも呼べよ」

大野「耳…耳…」

まる子「大野君がまた童貞にー!!」

杉山「」

27: 2016/10/08(土)11:26:11 ID:92N
杉山「おい大野!しっかりしろ!まだ続きあるんだからな!」

まる子「次は…野口さんとか言ってみようよ」

大野「野口か、想像つかねぇな。」

杉山「でもよ、アイツなんかヤバそうだよな…」

花輪「ヘーイ君達、お集まりのようだね」

まる子「花輪君!」

28: 2016/10/08(土)11:42:03 ID:92N
大野「花輪、お前ってゲイなのか、バイなのか、それとも異状性癖持ちなのか」

花輪「せ、選択肢からして異常じゃないかベイビー」

まる子「答えてよ花輪くん!」

花輪「僕は乱交が大好きなのさベイビー」

大野「ら、乱交!?!?」

杉山「おいおいとんでもない坊ちゃんだぜコイツ」

まる子「やらしいね」

花輪「今日も僕のお家でパーティーがあるんだ。美味しい食事をして皆で遊ぶ。最高じゃないかベイビー」

まる子「お、美味しい食事…!?」

大野「皆で遊ぶ…!?(意味深)」

杉山「正気になれお前ら!さくらも、食うだけじゃすまねぇんだぞ!」

まる子「は!そうだね」

大野「乱交は良くないよな…好きな人とじゃないとな…」

キートン「意外と純粋な大野君である」

花輪「残念だよベイビー是非君達もお呼びしたかったんだけどね。」

杉山「行くわけねぇだろまったく…」

まる子「食事だけならなぁ」

大野「乱交はねぇよ、うん。乱交は」

野口「クーっクック、じゃああたしがお邪魔してもいいかい」

29: 2016/10/08(土)11:49:00 ID:92N
まる子「えっ、野口さん…」

花輪「野口君かい?いいよ、きたまえベイビー。最高のテクニックで酔いしれさせてあげるよ」

野口「クック、どちらかと言えば酔いしれるのはアンタのほうさ…」

まる子「どうせならみぎわさんも誘ってあげなよ。更生するかもよ」

花輪「それはちょっと…アイツが来ると絶対シラケるし…」

杉山「それもそうだよな。」

大野「あぁ。あんなヤツいたら勃つもんも勃たねぇぜ」

まる子「あっ、ならアンタ、丸尾くん誘ってあげなよ。」

花輪「丸尾君?なぜ丸尾君なんだいベイビー」

まる子「いいからいいからっ、シシ」

杉山「あぁ、そうしてやれよ!」

大野「おう。多分あいつスッゲー悦ぶぜ」

花輪「ならそうしてみるよ。ありがとう君達。」

30: 2016/10/08(土)11:54:26 ID:92N
大野「あぁ。」

花輪「じゃあね君達。あ、あとさくら君。穂波君が呼んでるよ」

まる子「たまちゃん…」

たまえ「まるちゃん…まるちゃんは私のこと嫌い?」

まる子「好きだよ勿論!でもそれは友達としてで…」

たまえ「どうして?私はこんなにまるちゃんのこと好きなのに?」

まる子「たまちゃんが好きでも私はたまちゃんのことそういう目じゃ見られないよ…」

たまえ「ひどい…まるちゃん酷い!」

まる子「ええっ!?なんでさ!」

たまえ「まるちゃん…杉山君と大野君とさっきからイチャイチャイチャイチャ」

杉山「してねぇよ!」

まる子「そうだよ!してないよ!」

たまえ「そんなに死にたいの?」

まる子「ギャー!!助けてぇ!!」

大野「ちっ、悪く思うなよ穂波」ダシュッ

たまえ「うっ…まるちゃん」ドタ

まる子「たまちゃーーーん!!!」

大野「安心しろ、気絶してるだけだ。」

まる子「よ、よかったぁ。ありがとう大野君…」

大野「おう。」

31: 2016/10/08(土)12:25:17 ID:92N
ブー太郎「大野君杉山君抱いてくださいブー」

大野「げっ、また来た!」

杉山「勘弁してくれよぉ~」

ブー太郎「もうはまじのじゃ我慢の限界なんですブー」

杉山「はまじの…?」

大野「お前まさか浜崎と…」

ブー太郎「お願いしますブー!おいらトイレで2人の見たんですブー!その立派なブツでおいらを貫いてくださいブー!」

杉山「じょっ、女子がいる前でそういうこというなっ!」カァア

大野「そうだぞっ!ふざけんじゃねぇ」カァア

まる子「やめて欲しいねまったく…」カァア

ブー太郎「お願いしますブー!」

杉山「断る。そんなにやって欲しいなら花輪のパーティーに出席しろ」

32: 2016/10/08(土)14:11:56 ID:92N
ブー太郎「花輪のパーティー?」

大野「おう、そこ行けば好きなだけ掘ってもらえるぜ」

ブー太郎「いいこと聴いちゃったブー!」

杉山「」

34: 2016/10/08(土)14:24:48 ID:92N
途中で送信してしまった

杉山「おう、花輪に言って参加させてもらえよ」

大野「と、なると…あと誰か居たっけな」

まる子「あ、ひらばとかえびすくんとか?」

大野「そんな奴いたっけ?」

杉山「途中で消えたよな」

まる子「アンタ達も結構酷いよね」

藤木「ちょっと待っておくれよ!僕は至ってノーマルだよ!」

大野「何言ってんだよ、お前は卑怯じゃねえか。」

藤木「卑怯は性癖じゃないよ!」

杉山「あ、もう一人いたぜ」

36: 2016/10/08(土)14:30:30 ID:92N
戸川「私の性癖ですか?」

大野「はい。先生は奥さんとどんなプレイをしているんですか?」

まる子「ちょ、ちょっと大野君…」

戸川「そうですね、奥さんとのSMプレイともいいですが、先生は君達ぐらいの年の子とするのが1番好きですよ」

大野「逃げるか」

まる子「そうだね 」

37: 2016/10/08(土)14:52:21 ID:92N
杉山「どうだった?」

大野「あぁ…知らない方が良いと思うぜ」

まる子「アンダーワールドだよ」

まる子「それで2人とも、本当にゲイじゃないの?」

大野「違ぇよ」

杉山「あぁ、違うぞ。」

まる子「なーんだつまんないの」

大野「そっ、そういうお前はどうなんだよ」

まる子「え?あたし?」

大野「レズじゃねぇならどんな相手が好みなんだ?」

まる子「あたしは…うーん。えっちなことには興味ないよ。」

大野「えっちなことってなぁ、この流れならそう思っても仕方ねぇけどよ。」

杉山「とりあえず俺らは非エロ同盟だからな。このクラスに染まったら負けだぞ。」

まる子「わかってるよ」

大野「おう。三人いれば怖くないぜ!」

杉山「絶対だからな!」


キートン『数週間後 杉山君はかよちゃんと付き合い始めあっさりと同盟を抜けた。
まる子は親友に先を越され童貞をこじらせた大野とレズ・穂波に狙われるハメになったのである。」



最後落ちと3人の扱いに迷って無理矢理終わらせてすまん
無計画に書くのはもう止める
ここまで読んでくれた人ありがとう

38: 2016/10/08(土)15:20:09 ID:Mcs
無計画でここまでかけるなら
次は安価で行動させてくのやろうぜw

39: 2016/10/08(土)15:33:45 ID:92N
>>38 ありがとう、今度暇な時やるよ

40: 2016/10/08(土)15:36:11 ID:Mcs
>>39
おうw

まる子の安価ものだと
結構前のだけど、永沢が家立て直したパーティー開いて
そこに持って行くものを安価するssスレは面白かったw

41: 2016/10/08(土)15:37:54 ID:92N
>>40 何やろうかな 三連休は多少予定あるけど基本暇だから考えておく

42: 2016/10/08(土)15:45:58 ID:qqo
こんなにちびまるこちゃんのキャラをググったのははじめてだ