引用元 太平洋戦争に出征した兵士の主な死因

1: 2016/10/24(月) 18:23:22.462 ID:LIlxn7Z20
餓死
no title

3: 2016/10/24(月) 18:24:49.419 ID:BNBTwr7nd
餓死と病死だらけ
ほんまジャップ

4: 2016/10/24(月) 18:25:11.775 ID:LIlxn7Z20
つまり敵と戦って死んだわけではない

6: 2016/10/24(月) 18:25:32.002 ID:BG433HNid
酷いな
相当な無能だった訳か

7: 2016/10/24(月) 18:25:52.938 ID:LIlxn7Z20
上層部のずさんな作戦で多くの兵士が死んだ

築地と同じ無責任体質

8: 2016/10/24(月) 18:26:54.782 ID:FxDpUzGP6
補給線がなぁ

12: 2016/10/24(月) 18:28:34.629 ID:LIlxn7Z20
日本軍は補給のことは考えていなかったらしい
第二次大戦に参戦した国の中で、もっとも食糧のことを軽視していたらしい

16: 2016/10/24(月) 18:29:32.716 ID:/nrFu0B5d
>>12
お前よりは考えてたよ無能

17: 2016/10/24(月) 18:29:47.103 ID:LIlxn7Z20
餓死した英霊たちという本に詳しく書いてある

18: 2016/10/24(月) 18:31:23.998 ID:rIjAZ9830
補給は考えてただろ
それをなしうる国力が無かっただけで

21: 2016/10/24(月) 18:32:58.014 ID:LIlxn7Z20
>>18
補給する能力はないけど、補給のことは考えていたとかおかしくないですかね

50: 2016/10/24(月) 18:56:13.415 ID:L+5Rucxp0
>>18
割とマジでうまくいってたところも現地調達が基本だったからマジで頭が悪い

23: 2016/10/24(月) 18:34:09.819 ID:NdDWt2RZa
水木しげるは現地人と仲良くなってヤムイモ食ってエンジョイしてたらしいぞ

29: 2016/10/24(月) 18:36:57.650 ID:vYVGufNW0
>>23
現地人の協力を得ることが進軍の基本、なんてモンゴル帝国やローマ帝国からグリーンベレーまでいつの時代でも変わらんことだよな

僕はコミュニケーション苦手なので戦争とかしないでほしいです

40: 2016/10/24(月) 18:47:04.233 ID:IweoIbe0E
>>29
現地の協力を得るってことは食料を現地調達するってこと
水木さんは個人単位だから可能だったが元々ニューギニアあたりじゃ
突然わたってきた数万人を養えるような食料生産量がない
飢餓に陥った武器を持つ集団がそれでも現地人から略奪しようとしなかった点に驚くべき

24: 2016/10/24(月) 18:34:11.421 ID:x94WATLt0
兵站って
輸送船がバンバン沈められたのが原因か

32: 2016/10/24(月) 18:38:16.759 ID:vYVGufNW0
>>24
無防備に沈められるような所に補給船を泳がせなきゃいけなかったのが原因
遠出しすぎて餓死したんだよ

26: 2016/10/24(月) 18:35:53.046 ID:LIlxn7Z20
日本軍に蔓延っていた兵站軽視、精神主義、人権軽視など

27: 2016/10/24(月) 18:36:07.622 ID:qRn8FrJ40
インパール作戦失敗後の7月10日、司令官であった牟田口は、自らが建立させた遥拝所に幹部将校たちを集め、泣きながら次のように訓示した。
「諸君、佐藤烈兵団長は、軍命に背きコヒマ方面の戦線を放棄した。食う物がないから戦争は出来んと言って勝手に退りよった。これが皇軍か。
皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ。兵器がない、やれ弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。
足もやられたら口で噛みついて行け。日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。
日本は神州である。神々が守って下さる…」。
訓示は1時間以上も続いたため、栄養失調で立っていることが出来ない幹部将校たちは次々と倒れた。

これ最後のオチが面白くて好き

34: 2016/10/24(月) 18:40:09.928 ID:LIlxn7Z20
>>27
まさにこんな感じだったんだろうな

61: 2016/10/24(月) 19:02:48.090 ID:cut9Gojod
>>27
無知だったけどこんなリアルアンドリューフォークがいたんだな

83: 2016/10/24(月) 19:17:24.029 ID:E9pmWzaAa
>>61
フォークと同じで前線には出てこないクズのヘタレ
さらに逃げる時に食料と芸者を専用機に乗せて自分たちだけで逃げた腐れ外道

この部下にいたのが名将宮崎繁三郎でこんな無茶無謀な作戦でも自分たちの部隊を無事撤退させた少将
その部隊にいたのが後のオリンピックバレー日本代表監督になった大松監督

ちなみに星一徹もインパール帰りという設定

31: 2016/10/24(月) 18:37:55.187 ID:LIlxn7Z20
そもそも特攻なんて攻撃方法思いつくやつらが補給のことなんか考えてるとは思えないけどな

33: 2016/10/24(月) 18:39:10.141 ID:DORWqJRY0
その程度の戦死者で戦争語るとは片腹痛い

35: 2016/10/24(月) 18:42:40.188 ID:LIlxn7Z20
英霊の90%は日本軍の無謀な作戦で死んだのであって、敵国に殺されたわけではないということです

39: 2016/10/24(月) 18:46:58.236 ID:P4rYGv7PK
1910年から1945年まで朝鮮半島を日本が統治していたというびっくり事実

45: 2016/10/24(月) 18:49:16.015 ID:LIlxn7Z20
>>39
朝鮮半島の上の満州も日本が統治していたし
太平洋の旧ドイツ領だった島も日本が統治していた

42: 2016/10/24(月) 18:48:24.556 ID:7w1R9sqw0
物流を抑えられてるのだからそうなる

だから意地でもアメリカ人を潰さなければならなかった

71: 2016/10/24(月) 19:12:11.214 ID:GfVl/BgC0
>>42
経済制裁受けてる北朝鮮ですらそんなアホなことしないというのに

47: 2016/10/24(月) 18:51:21.791 ID:YC0TlCrX0
餓死溺死が上位だったよね

48: 2016/10/24(月) 18:54:26.025 ID:CGod9wkqa
>>47
たぶん半数以上が餓死か病死、いわゆる戦死できた人間でも空腹で全力ダッシュしたら倒れるようなレベルで機関銃に突っ込まざるを得なかったとかも少なくないと思われ

49: 2016/10/24(月) 18:54:58.787 ID:lMKAlShG0
空腹や病気ですら精神論で乗り切ろうとするのがジャップランド。
貴様たるんどる!の一言で終わりよ。
この伝統は現代でも大して変わらん

63: 2016/10/24(月) 19:04:45.394 ID:CGod9wkqa
>>49
でも先進的なところもあったよ
当時の米軍がどんなに優秀な奴でも黒人は戦闘職種に着けないとかしてた時に日本軍は出自にこだわらず徴兵してたからな
平等すぎて帝国大学出たてのインテリや戦闘機や兵器の開発設計ができる技術者を陸の兵卒で重用して小卒DQN兵士のイジメで死なせたりしてるほどだ

52: 2016/10/24(月) 18:58:16.438 ID:x94WATLt0
戦艦の主砲に食いもん詰めて火薬で島内までブチこめばよかったんじゃ
というか輸送船 商船ぼんぼん沈められる海軍ってもうその時点でボンクラだよな

54: 2016/10/24(月) 19:00:06.422 ID:oGwQIR5D0
>>52
限られたリソースで対潜装備整えたらその時点で水上戦力で負けるし
結局数揃えたら勝つの世界

53: 2016/10/24(月) 18:58:31.621 ID:cCtPBMwHF
なぜそんなアホばっかりなのか?
士官学校では戦略を教えないのかよ

55: 2016/10/24(月) 19:00:22.920 ID:vYVGufNW0
>>53
経費、交通費を出さない会社は出さないんじゃなく出せないんだよ

56: 2016/10/24(月) 19:01:43.019 ID:YC0TlCrX0
船も位置バレバレで潜水艦の良いマトだったんでしょ

59: 2016/10/24(月) 19:02:31.550 ID:vYVGufNW0
>>56
潜水艦のいいマトじゃない水上艦ってなかなかいないだろ

62: 2016/10/24(月) 19:04:37.420 ID:YC0TlCrX0
>>59
日本の潜水艦はあんま活躍してないんだな

65: 2016/10/24(月) 19:06:39.057 ID:vYVGufNW0
>>62
アメリカ海軍ですら潜水艦で沈めた日本の戦艦は一隻だけだったりするよ
潜水艦はそんなにいっぱいあるわけでもないし

58: 2016/10/24(月) 19:02:30.405 ID:dHEwaRsK0
冷静に見るとすげー馬鹿馬鹿しいけど
今でもその辺大して変わってないよね
日本人は戦争を真面目に反省すべき

73: 2016/10/24(月) 19:13:21.480 ID:Rhd55uHM0
>>58
無理かと思うぞ
だって戦争煽ったのは国民なのに
その反省は一切せずに負けたら全部軍に責任押し付けて
自分たちは被害者ですみたいな連中だからな
終戦の日が近づくと戦争の悲惨さとか語ってるババアとか見てると腹が立つわ

64: 2016/10/24(月) 19:05:34.991 ID:LIlxn7Z20
そもそも日本は独力で戦争することができない国だと主張する軍人もいたらしい
戦争に必要な物資を自国でまかなえない国は戦争ができないとか
アメリカ、イギリスと敵に回せば負けるとわかっていた軍人や外交官もいたらしいんだが
なぜ戦争になったのかが何冊本を読んでもわからん

90: 2016/10/24(月) 19:20:28.240 ID:E9pmWzaAa
>>64
そんなの簡単だ
コミンテルンの共産主義の手下がアメリカではルーズベルト、日本では近衛文麿とそのブレーンの尾崎秀実、それとゾルゲ
こいつらがなし崩しに日本を兵糧攻めで戦争に巻き込んだ
東京オリンピック返上のために盧溝橋事件を起こしたのも共産主義だと言われている

反日連中の共通点は奴隷制度を持っていた国のほとんどが日本の敵だつた事だ

66: 2016/10/24(月) 19:07:04.840 ID:LIlxn7Z20
満州事変あたりからおかしくなっていったのはわかるんだが、
リットン調査団からの国際連盟離脱で、世界を敵に回して戦うことになったっぽい

松岡洋右も、アメリカと対立するとまずい、と何回も言ってたらしい

67: 2016/10/24(月) 19:07:44.778 ID:qbFeeuBc0
今度戦争が避けられないとなったらせめて物資を融通してくれそうな国と組もう

68: 2016/10/24(月) 19:08:32.455 ID:LIlxn7Z20
中国とアメリカを敵に回して、どこの国が日本に物資を供給するんだよ

74: 2016/10/24(月) 19:14:07.870 ID:jeGAyuae0
と言うか何で素直に中国から手を引かなかったの?

78: 2016/10/24(月) 19:16:20.782 ID:dHEwaRsK0
>>74
中国では別に負けてなかったぞ
やたら国土がでかいから攻めるのに時間掛かってただけ

84: 2016/10/24(月) 19:18:12.718 ID:GfVl/BgC0
>>78
そういう意味じゃないだろ
日本が世界的に回した理由が条約無視での中国侵略やめなかったからだろ

79: 2016/10/24(月) 19:16:48.641 ID:LIlxn7Z20
>>74
俺もそれはすごい思っただけど、たぶん三国干渉の記憶があったのと
日露戦争後に選挙制度の改革があって、国民が戦争を望んでいたっぽい

満州事変も内閣が軍の暴走を抑えられなかったというよりは、
選挙で負けるのをおそれて、放置したというのが真相のようだ

81: 2016/10/24(月) 19:17:09.272 ID:lMKAlShG0
もともと、兵站や補給っていう裏方仕事が評価されない土壌。
おまいらが土方やらトラックの運ちゃんをバカにするのを見ると、
現代でも日本人のメンタルは大して変わってないのを実感するよ。

89: 2016/10/24(月) 19:20:10.576 ID:ETDaZiA9d
>>81
それはどこも一緒だぞ
輸送艦出の幹部より戦闘艦出の幹部のがデカい顔してるのがどこも普通

空軍でも高射出の幹部より戦闘機出の幹部のがデカい顔してるし

86: 2016/10/24(月) 19:18:34.381 ID:LIlxn7Z20
ドイツの捕虜になったときの死亡率が5%で
日本の捕虜になったときの死亡率が40%って書いてあったけどな

日本軍は兵士の扱い自体がひどかったから、兵士も捕虜をひどくあつかったらしい

92: 2016/10/24(月) 19:21:40.440 ID:nE3Vi3rC0
>>86
食いもんがなかったんだろ
こっちも飢えてんのに捕虜に食わす分があるわけもなく

94: 2016/10/24(月) 19:27:36.460 ID:GfVl/BgC0
>>92
もうそんな状態なら降伏しなさいよって話しだよな

96: 2016/10/24(月) 19:30:50.307 ID:nE3Vi3rC0
>>94
子々孫々にわたって飢えるよりひどい事になるかもしれんけどね
当時の欧米植民地のありさま見るとさ

100: 2016/10/24(月) 19:32:59.867 ID:GfVl/BgC0
>>96
じゃぁなんでそんなところに喧嘩売るんだよ
売ったのは大日本帝国だぞ

結果無条件降伏した日本は戦犯は処刑されたが天皇も残って領土も本土は全部返してくれたろ

107: 2016/10/24(月) 19:41:21.061 ID:nE3Vi3rC0
>>100
日中の喧嘩に口出して貿易止めたの米国だけどね
満鉄の権益返せって因縁吹っかけてきたのは中国で
それの後押しをしたのも米英

110: 2016/10/24(月) 19:52:30.899 ID:GfVl/BgC0
>>107
アメリカじゃなく国連で満州は中国の領土なんだから撤退しなさいって怒られたんだろ
でも国連脱退して侵略やめないからアメリカにも経済制裁されたんだろ

112: 2016/10/24(月) 20:06:01.441 ID:nE3Vi3rC0
>>110
それ以前に排日の迫害行為を
さんざん受けてたからああなったんだよ
そんで国際連盟も日本の特殊権益自体は認めてる
そもそも当時の国際連盟は今の国連ほどの存在じゃないし
満州国は世界の3分の1の国家の承認されてる
米国は国連加盟国じゃないし
日中の全面戦争になった頃になって中国側にたったってだけだね

115: 2016/10/24(月) 20:09:56.084 ID:GfVl/BgC0
>>112
しょうがねーじゃん力ないんだから
北朝鮮や中国が同じ事言ってたら受け入れられないだろ

103: 2016/10/24(月) 19:34:55.549 ID:L+5Rucxp0
コミンテルンって聞くと田母神思い出して笑うんだが

108: 2016/10/24(月) 19:42:01.255 ID:E9pmWzaAa
>>103
コミンテルンの正式名称は共産主義インターナショナル

スターリンが設立した組織で世界レベルで共産主義のスパイを時の政府に送り込んでそれぞれの国の内部から戦争に駆り立てた

日本では朝日新聞の尾崎秀実が近衛文麿の手下になって日本をアメリカ側ではなくドイツ側に組ませるように暗躍
また、アメリカではルーズベルトが反日でそれを駆り立てたのがスターリンの手下の民主党に入り込んだ共産主義者

ヴェノナファイルと検索すれば誰が関わってたか載ってるよ

それに戦後日本国憲法を押し付けてきたのはマッカーサーよりも共産主義のケーディスだった