maxresdefault

引用元:http://viper.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1499399375/

1: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)12:49:35 ID:bVz
ゲンドウ「最近職員のみんなが私のことを避けている気がする」

ゲンドウ「司令官たるもの人望なくては組織を円滑に動かさないからな」

ゲンドウ「ここは一つ、みんなに差し入れをしてやろう」

ゲンドウ「そうすれば・・・」

~回想~

ゲンドウ「お前たちいつもご苦労様!これは細やかながら私からの差し入れだ!」

日向「碇司令!どこまでもつきていきます!」

青葉「ありがてぇ、さすが碇司令!:

マヤ「碇司令ステキ!」

~回想終わり~

ゲンドウ「」ムフフ

ゲンドウ「そうと決まれば早速差し入れを買いに行こう」

・・・

3: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)12:53:39 ID:Iho
回想とはそういうものじゃないが、まぁいいだろう

7: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:03:06 ID:wZS
>>3
物凄く気になるわ

6: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:02:08 ID:bVz
日向「あー疲れた。やっぱり座りぱっなしの作業は腰にくるよ」

青葉「もう少しやったら一息つけるか」

マヤ「あたしちょっと喉乾いたかも~」

ゲンドウ(お、いたいた。ここは良い上司らしく爽やかにキメないとな)

ゲンドウ「お、おい」

3人「」ビクッ!

日向「い、碇司令!?どうしてここに!?」

ゲンドウ「そんなことはどうでもいい。ところで何をやっているんだ・・・?」

マヤ「申し訳ありません!」

青葉「今すぐ作業に戻ります!」

ゲンドウ「えっ」

8: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:09:34 ID:bVz
ゲンドウ「いや、そういうつもりでいったわけじゃ・・・」

3人「」カタカタカタ

ゲンドウ「おいっ!」

3人「」ビクッ

日向「は、はい!」

ゲンドウ「これっ・・・!」ガサ

マヤ「えっ、なんですかこれ・・・」

ゲンドウ「さ、差し入れだ。お前たちみんな頑張ってるからなっ」

日向「さ、差し入れってこれ・・・」

青葉「ビールじゃないですか・・・!」

9: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:12:30 ID:ivc
回想でワロて内容が入ってこない

11: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:17:05 ID:bVz
ゲンドウ「これで日ごろの疲れを癒すがいい」

マヤ「いや、こんなの貰えないですよ」

ゲンドウ「いいから・・・!飲めっ・・・!」

マヤ「ヒッ」

ゲンドウ「では、これで失礼する」

日向「ちょっ、碇司令!」

青葉「行っちまった・・・」

12: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:24:49 ID:bVz
青葉「なあ。どうするよこれ」

日向「どうするよって言われてもなあ」

青葉「マヤちゃん飲む?」

マヤ「い、いい。気持ち悪いし」

日向「そんなこと言うなって」

青葉「仕事中に飲むのもアレだしなあ・・・」


ゲンドウ「今ごろはみんなで仲良く飲んでいるころか・・・」カシュッ

ゲンドウ「」ゴクゴク

ゲンドウ「ふふ、善行をした後に飲むビール、最高だな」

ゲンドウ「どれ、少し様子を見に行ってみるか」

13: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:37:34 ID:Iho
気持ち悪いって酷いなw

14: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:37:57 ID:bVz
ゲンドウ「」ソー・・・

ゲンドウ「!!あいつら全く飲んでないじゃないか・・・!」

ゲンドウ「何故だ・・・何故・・・!」

ゲンドウ「む、あれは冬月」


冬月「やあ君達。作業は進んでいるかね」

マヤ「あ、副司令!お疲れ様です!」

青葉「あともう少しで終わるところです!」

冬月「それはよかった。そうだ、今日は君たちに差し入れを持ってきたんだった、ほれ」

日向「これは・・・コーヒー?」

冬月「うむ。最近コーヒー作りにはまっていてな。頑張っている君達におすそ分けしようと思って」

マヤ「あたしコーヒー大好きなんですよ~」

青葉「ありがたい、ちょうど眠くなってきたところなんですよ」

日向「ありがとうございます副司令!」

15: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:38:27 ID:wZS
回想はもうしてくれないのか

16: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:48:12 ID:bVz
冬月「ではもう少し、がんばってくれたまえ」

3人「ありがとうございました!」

青葉「いや~さすが副司令だな」

マヤ「副司令のああいうところステキよね~」

日向「ほんとうにいい上司を持ったよ俺たちは」


ゲンドウ「おのれ冬月・・・!」

ゲンドウ「ああやって裏工作してわたしよりも人望を稼いでいるんだな・・・」

ゲンドウ「許さん・・・!」

17: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)13:51:06 ID:Iho
これはゲンドウではなくまだおだわ

19: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)16:19:50 ID:bVz
ゲンドウ「冬月」

冬月「どうした碇」

ゲンドウ「なんのマネだ」

冬月「は?」

ゲンドウ「コーヒーだ、私の真似をしおって」

冬月「何をいってるかわからんが、差し入れをしただけだぞ」

ゲンドウ「わたしが先に考えたのに・・・」ブツブツ

冬月「やれやれ・・・」

20: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)16:20:55 ID:AJc
不器用なのか…

21: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)16:38:55 ID:bVz
その日の夜

ミサト「あ~今日も残業つかれた~」

ミサト「あれ、こんなところにビールあるじゃない」ガサガサ

ミサト「あんらー♪おつまみまで入ってる!これは神様からの差し入れね!」

ミサト「誰も見てないし・・・」

ミサト「いただきまーす♪」ゴクゴク

ミサト「かーーーーっ!うんめぇーーーーっ!」

ミサト「あーもう最っ高♪最っ高だわ~♪」ゴキュゴキュムシャムシャ

ミサト「くーーーーーーーーっ♪」


ゲンドウ「やはり差し入れを無理にあげるのは押しつけがましかったかもしれん」

ゲンドウ「さりげなく、かつ印象深く気配りを示すにはどうすればいいのだ・・・」

ゲンドウ「とりあえずビールは回収しておこう」

ミサト「加持くんのバッキャロー!なんであたしがあんな男に・・・」ブツブツ

ミサト「それにしてもあーうま♪このビールほんと美味しいわ~♪あはあは♪」

ゲンドウ「・・・」

22: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)16:44:39 ID:U93
回想が強烈過ぎてな……

24: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)16:52:15 ID:bVz
ゲンドウ「おい」

ミサト「んっんっんっ♪っぷはぁー!ほんとかのために生きてるってもんよねー♪」ベロンベロン

ゲンドウ「おい!」

ミサト「ん?あーっ♪碇司令じゃないれすかー♪おつかれさまでーす♪」

ゲンドウ「・・・何をやっている」

ミサト「えーっとぉ♪なんかさっきそこでビール見つけたので飲んじゃいました♪」

ミサト「あ!もしかしてあれって司令がわたしにさしいれてくれたんれすか!?そうですよね♪」

ゲンドウ「・・・」

ミサト「もー碇司令ってばステキ♪一生ついていきまーす♪」

ゲンドウ「・・・今日づけで葛城1佐、君は解雇だ」

ミサト「んもう司令ってば冗談がお上手なんだから~♪あっはっはっはっwwwwwwwww」

ミサト「ってあれ?」

ゲンドウ「今までご苦労だった」スタスタ

ミサト「へ?」

25: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)17:25:19 ID:CUY
ビールによる餌付けが成功したのに解雇宣告

27: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)18:02:55 ID:bVz
ゲンドウ「そうだ、みんなのお弁当にアジフライを忍ばせるのはどうだろう」

ゲンドウ「やはりこういうものはサプライズが大事だからな。お弁当を開いた時に、ささやかに力強く存在感を放つアジフライがあったら、みんな驚くに違いない」


~回想~

アスカ「さーてご飯食べましょ!」

ゲンドウ「そうだな!」

レイ「あら、なにかしらこのアジフライ」

シンジ「ホントだ!誰かが入れてくれたのかな?」

アスカ「もしかして司令だったりしてー」

ゲンドウ「そのまさかさ」

レイ「なんて気配りができるのかしら・・・!」

アスカ「司令ってばすっごい!尊敬しちゃうわ!」

シンジ「さすがだよ父さん!」

~回想終わり~

ゲンドウ「」ムフフ

26: 以下、VIPがお送りします 2017/07/07(金)17:26:03 ID:gAq
さすがにこれは意味がわからない