10104588675

元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1509546384/

1: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:26:24.476 ID:lHT9UsmJ0
勇者「お前を倒して世界を征服してやる!」

魔王「ちょっとまて」

勇者「お嬢際がわるいぞ!」

魔王「いまなんと?」

勇者「お嬢際がわるいぞ!」

魔王「今世界征服するとかいったよね?!」

勇者「何を言ってるんだ!」

魔王「聞き間違えか?」

勇者「お前を倒して世界を征服してやると言ったんだ!」

魔王「おい」

勇者「いくぞ!」

魔王「ちょちょちょちょ、一旦落ち着こ」

勇者「なんなんだ!」

魔王「いや、なんなんだじゃなくてさ」

魔王「世界を征服したいの?」

勇者「そうだ」

魔王「勇者なのに?」

勇者「勇者だからだ!」

魔王「なるほど、世界を征服して争いのない世界を作るということか」

勇者「ちがうそんな単純な話じゃない!!!」ギンッッ!!

魔王「な、こやつ‥‥!?」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

2: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:26:52.804 ID:lHT9UsmJ0
勇者「男子禁制の勇者王国を作るのだ」

魔王「いや、思考は至極単純!」

勇者「単純なことがあるか!!」

勇者「俺は勇者だぞ!どこの街に行ってもお目付け役がいるんだ!」

魔王「そりゃあそうだろうな、勇者様だし」

勇者「女の子と触れあえない!!」

魔王「なに!?」

勇者「パフパフもろくに行けんのだぞ!」

魔王「は、はぁ」

魔王「恋人でも作ればよいではないか」

勇者「お前に勇者のなにがわかるんだ!」

魔王「はぁ?」

勇者「どこに行っても大勢が一目見ようと群衆が集まってくるんだぞ!」

勇者「そんな中女の子と話せるか!?純粋な子供の前で女と触れあえるか?!」

勇者「否ッッ!!」

3: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:27:20.419 ID:lHT9UsmJ0
勇者「やれ、キャー勇者様よー!」

勇者「だとか」

勇者「私たち一般人じゃ無理よ」

勇者「だとか」

勇者「あいつら勇者の何を知ってるっていうんだよ!!」

勇者「なにが勇者様は厳格じゃのう‥‥だよッッ!!」

勇者「節穴じゃねーかくそ村長!」

勇者「頭の中はあんなことやこんなことしかねーよハゲ!!」

勇者「はぁっはぁっ」

魔王「おおおお落ち着け」

魔王「一旦落ち着け」

勇者「だから決めたのだ!人類の希望だとか!」

勇者「性欲などない聖人だとかそういうのはもういい!」

勇者「魔王を倒して俺が世界を征服する!!」

勇者「そして女の子だらけの世界で平和に暮らすんだ!!」

魔王「うーむ、意味がわからん」

魔王「ただ今のお前に殺られるのだけは絶対にごめんだ」

勇者「なんだとぉ!!」

魔王「そもそも仲間はどうしたのだ?歴代勇者は仲間と共に」

勇者「男は嫌いなんだよ!!もう見たくもない!」

魔王「な、ならば女の‥」

勇者「耐えられるかぁ!!」

4: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:27:43.578 ID:lHT9UsmJ0
勇者「耐えられるわけないだろ!」

勇者「常に一緒だぞ!?手を出したくなるだろぉ!?」

勇者「そしたらそいつが言いふらしたらもう終わりだ!」

勇者「かといって自家発電したらしたで、見られたらどうする!?」

勇者「どちらにせよ終わりだ!!!」

勇者「なら魔王城くらいソロ攻略だクソヤロウ」

魔王「お、お前の熱意はわかった」

魔王「というか、ソロ攻略されたのかよ魔王城」

魔王「普通にへこむわそれは」

勇者「だから‥‥たのむ!俺のために死んでくれ」

魔王「それは無理だ」

勇者「なにい!?きさま俺の話をちゃんと聞いていたのか!?」

魔王「いや、その上で無理だ」

魔王「というか、結局くだらない内容じゃねーか」

勇者「く!なら実力行使で!」

魔王「そんなに女が好きか?」

勇者「好きだ!!」

魔王「ほう‥‥」

魔王「どういうタイプが好みだ?」

勇者「性別がメスならなんでもいいに決まってるじゃねーか!」

魔王「いや、それはどうかと‥‥」

魔王「よし決めた」

勇者「あ?」

5: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:28:03.540 ID:lHT9UsmJ0
魔王「ワシの婿養子になるがいい」

勇者「はぁーー!?!」

魔王「私には娘がおる」

魔王「貴様は言ったな、メスならなんでもいいと」

魔王「ならば魔族の血筋でもいいということだろう?」

勇者「あぁもちろんッッ!!」

勇者「じゃなくて!!勇者のとしての義務を果たさねば!!」

魔王「どうせ征服するのだろう」

魔王「ならば魔王軍の跡継ぎになるのが一番最短ルートだと思うが」

勇者「ぐぬぬ!」

勇者「し、しかし」

魔王「無理ならば無理でちゃんと決着をつけてやる」

魔王「娘とあってみないか」

魔王「それに幸い一人旅」

魔王「今日魔王城に来ていることは誰も知らんのだろう」

魔王「ならばしばらく姿を消しても誰も気づくまい」

勇者「そ、それなら‥‥でへへ」

魔王「ただし条件がある」

勇者「なに!?」

魔王「人類最強のお前が義息子になるのは私としても心強い」

魔王「しかしだ、私の最愛の娘なのだからには」

魔王「婚約するまでは絶対に性行為はゆるさん!!」

勇者「なんだとー!!?!?」

6: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:28:19.642 ID:lHT9UsmJ0
魔王「しかし逆に言えば婚約を決めれば‥‥」

勇者「ちょっと婚姻書類とってくる!」

魔王「またれい!!」?

勇者「なんだよ!印鑑もつくらなきゃ」

魔王「ちゃんと娘にあって話してくれ!娘の同意もないと結婚はゆるさん!!」

魔王「愛をもった結婚をするのだ!!」

勇者「そんな‥‥女性と愛し合うなんて魔王城攻略より難しいぞ!?」

魔王「そんなことはない!!バカにするな!」

勇者「しかしお義父さん‥‥」

魔王「気が早いな」

勇者「とりあえず娘にさんに合わせてください‥‥!」

魔王「いや、今さらキャラを変えられても洗いざらいみちゃってるからな」

魔王「いやはや、しかし」

魔王「これで平和になるのなら」

勇者「あぁ、願ったりかなったりだ」

魔王「では娘達に伝えるからしばし待たれよ」

勇者「達!?」

魔王「うちには三姉妹がいるからな」

勇者「一夫多妻!!」

魔王「きさま!許さんぞ!」

7: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:28:28.998 ID:A29rDpRn0
けっこうイタタタな感じがしてよい

8: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:28:39.773 ID:lHT9UsmJ0
~~魔王 応接間

勇者「魔王応接間で会おう、魔王応接間で会おう、魔王応接間で会おう」

勇者「魔王幹部は滑舌がいいんだな」

魔王執事(以下執事)「そのような決まりはありませぬぞ」

勇者「そうか?ゴロがいいと思うけどな」

執事「さようですかな、気にいってもらえて結構です…ふぉっふぉっ」

ガチャン

魔王「待たせたな…」ボロボロ

執事「ま、魔王様!?」

勇者「なんだ!?敵襲かお義父さん!?」チャキッ

魔王「まだお義父さんではないし、人間切るのか貴様」

魔王「ちょっと揉めてなぁ…ゴホンゴホン」

魔王「さぁ、入るがいい娘達よ」

勇者「(゜∀゜ 三 ゜∀゜)」

長女「お初にかかります、勇者様」ペコッ

勇者「死ぬほどきれいだぁ!?ホントに血つながってんのかお義父さん!」

魔王「義父になるかもしれん相手にむちゃくちゃいうな、まだお義父さんじゃないし」

次女「…なんでお義父さんとか呼んでるんだよ、バカ勇者」

勇者「な!?」

次女「さっきまで殺し合おうとしてたのによく言えるよな!このくず人間!!」

勇者「……ッッ!!」プルプル

魔王「こ、こら次女!いい加減にしないか!」

次女「いい加減にするのは勇者の方でしょう、ふざけた態度とっちゃって…」

勇者「うおおおおおおおおッッ!!」

次女「なにッッ!?」ビクンッ

10: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:29:03.588 ID:lHT9UsmJ0
勇者「そんなむげに扱われるのは初めてだあああ!!」

次女「はぁ?」

勇者「俺に足りなかったのはこれなのかもしれない!?」

勇者「もっと言ってくださいいいいいいい!!」

次女「ひぃっ」

三女「あは!面白いおにーちゃんだね!」ピョコッ

勇者「お、次女の後ろから妖精さんかな?」

三女「ちっちゃいけど妖精じゃないよ!三女だよ!」

勇者「三ちゃんっていうのかぁ!かわいいなぁ!」

勇者「いくつ?」

三女「んーと、手の指がたりないや」

三女「100!!」ビュンビュンビュンビュンビュン

勇者「ひぇ…」

勇者「手の動きが早すぎて100本くらいに見える」

魔王「魔王の血筋は十年で人の一歳くらいだからな」

魔王「魔王城のような閉鎖的空間では心もゆっくりしか育たんのだ」

魔王「あとの二人の歳は…」

勇者「あー!いいですいいです!聞きたくないです!」

勇者「22くらいと16くらいだな!」

魔王「おお、それに十をかけr」

勇者「あー!あー!あー!」

次女「うるさいやつだな」

三女「面白ーい!」

長女「ふふ、楽しくなりそうね」

11: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:29:28.031 ID:lHT9UsmJ0
~~次の日

勇者「ふぁあ、よく寝たぜ」

執事「お早うございます」

勇者「うわぁ!?」

勇者「ずっと起きるまでスタンバってたの!?」

執事「いえ、今来たところです」

勇者「そりゃそういうよな!」

執事「朝食に参りましょう」

勇者「おう!」

執事「まずは魔王様と姫様たちと朝食をとってもらいます」

勇者「なるほど、コミュニケーションのジャブみたいなものか」

執事「ふぉっふぉっ、面白い例えですな」

執事「コミュニケーションを格闘で例えるとは」

勇者「人はいろんな例えをするんだぜ」

勇者「鬼に金棒とかな」

執事「?」

執事「鬼に金棒とは当たり前ではないですかな?」

勇者「ちがうちがう!そもそも強いのに、金棒もったらさらに強いだろ!まぁ、そんな感じだったような意味だったような?」

執事「なるほど、でしたら今の勇者様は金棒ってことですな」

勇者「まぁ、一応人類の希望だしね!はっはっはっ」

執事「ふぉ、ふぉ」

執事「………」

12: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:29:43.140 ID:lHT9UsmJ0
~~魔王城居間

勇者「神よ、この食事に感謝します」

次女「よく、お父さんの前で神に祈れるわね」

長女「ふふ」

勇者「じゃあなんて言うんだ?」

三女「いただきまーすだよ!」

勇者「それは誰に言ってるんだ?」

長女「私たちの供物になった動物や作って頂いた方達にですよ」

勇者「なるほど!短くていいな!頂きました!」モグモグパクパク

次女「……さいてー」

魔王「ふむ、しては皆聞いてくれ」

魔王「三人のうちから勇者と婚約すべく親愛を深めてもらう」

長女「はい…」

次女「…っち」

三女「こんやく?」

勇者「さ、三女と結婚はいかんだろ!」

魔王「100だから大丈夫だ」

勇者「そ、そうだった」

三女「結婚!わたし結婚するー!」

勇者「しよう!」

魔王「こら!真の愛のある結婚だと言っただろう!まったく!」

魔王(そのてん三女が一番高難易度ともいえるな)

長女「ふふ、三女に先を取られそうね」

次女「いやいや…」

勇者「みんなよろしくな」

次女「く…」

13: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:29:57.643 ID:lHT9UsmJ0
~~

勇者「いやあ、楽しかった」

執事「ありがたいですな、では次に」

勇者「え、昼寝でもしようかと」

執事「昼にはまだかなりありますぞ」

勇者「夕方に寝てもぎりぎり昼寝って言うじゃん?じゃあ早めに寝てもさ」

執事「昼寝は疲れた後にした方がよろしくはないですか?」

勇者「たしかにその方が気持ちいいな!ありがとうお義爺ちゃん!」

執事「執事ですじゃ、血は繋がっておりませんぞ」

勇者「なーんだ!羊系の魔物か!でもあんた体毛がないよな!」

勇者「季節の変わり目とかか?まさか抜け毛じゃ…」

執事「それでは長女様と一緒に庭の散歩でもどうですかな?」

勇者「いいね、昼飯の前に!」

執事「さきほど朝食を取られたばかりですが…」

勇者「いってくるわ!」

シュバッ

執事「あっ!………はやい…」

執事「やれやれ…ヤンチャなお方だ…」

執事「この城の未来を担っているのに」

14: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:30:38.282 ID:lHT9UsmJ0
~~庭

長女「~♪」

勇者「や、やぁ、またせたね」

長女「ちょうど来たところですわ…」

長女「ってバカ!」

長女「ふふふ、待ち合わせはしてませんよ?」

勇者「なんかゾクゾクっときた」

長女「あら?風邪ですか?」

勇者「お、俺、女の子とあんまり話したことなくてさ…」

長女「あら、達者な方かと」

勇者「大人数なら喋れるんだけどね…一体一は……その、」

長女「ふふふ、いえいえ安心しましたわ」

勇者「え?」

長女「私たちも殿方とはあまり話したことがありませんの」

勇者「そ、そうなの?」

長女「ええ、お父様はお堅い人で殿方との接触は厳格に禁じられてましたから」

勇者「そうなのか…?」

15: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:31:00.996 ID:lHT9UsmJ0
勇者「俺は結婚を申し込まれたけどね!」

長女「ふふふ」

勇者「あ!お義父さんに俺が申し込まれた訳じゃないからね!」

勇者「そういう事じゃなく君たちと仲良くしてくれってそういう!」

長女(それだけ御父様が追い詰められているってことですわ…勇者さま…)

勇者「それにしてもここらへんずっと空が曇ってるよね」

長女「空からの奇襲を防ぐための特別な雲ですわ」

勇者「へー、普通に正面玄関から入ったけど」

長女「えー!すごいです!」

勇者「え?そ、そうかな!?あはは」

長女「さすが勇者様ですわね」

キャッキャッ

次女「……あいつ」

18: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:36:26.503 ID:lHT9UsmJ0
~~

勇者「もう昼飯か?」

執事「まだまだ気が早いですじゃ」

勇者「魔王城の一日はいったい何時間なんだ!!魔法か!?!」

執事「………24時間ですじゃ」

勇者「あぁ……じいや……」

執事「まだまだボケてはいませんぞ、きっちり24時間ですじゃ」

執事「お暇でしたら三女様に会われてはどうです?」

勇者「三ちゃんか!久しぶりに会いたいな」

執事「時間感覚をどこに落とされたのですか?」

勇者「三ちゃんはどこにいるの?」

執事「はい、それでしたら…」

執事「ってもういない!」

執事「ふぉっふぉっ………」


19: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:42:31.698 ID:dPkUTf550
お嬢際が気になって内容が入ってこない

21: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:50:06.742 ID:lHT9UsmJ0
~三女 自室
三女「ひまだな~」
三女「勇者こないかなー」

バァンッッ

三女「ひうっ!」

勇者「来たよ!」

三女「勇者のお兄ちゃん!」

勇者「ビックリした?」

三女「ぜんぜん!」

三女「それよりちょうど暇してたの!(。>ω<)ノ」

勇者「それは良かった、愛を育もう!」

三女「うーん、なにそれ」

勇者「ふへへへ、仲良くなるってことだよ」

バァン

執事「勇者様!!」

勇者「お、じいや」

執事「お気を付け…」

三女「仲良くなるっていいね!じゃあまず殺しあいゴッコしよう!!」

勇者「あぁ、いいぞ!」

執事「勇者様ッッ!!」

三女「くらえ!」ヒュボンッッ

勇者「ほっ」フワッ

三女「おりゃおりゃおりゃー!」ズドドドドドド

勇者「おー!つよいつよい!」スッスッスッ

執事「ッッ!?」

執事(まるで流れるように!?)

22: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:50:47.602 ID:lHT9UsmJ0
執事(この強さ…心配はいらなかったようですな…)

勇者「あはは~、かわいいなー」

三女「たのしー!こんな(相手が生きてた)の始めてー!」

執事「さすが勇者様ですな、昼食は後程に…」

勇者「え?昼食?」チラッ

三女「はっ!」

ゴチーン

勇者「~~~ッッ!?」

三女「あれ?どうしたの?」

執事「あぁ、勇者様の勇者様が!!」

勇者「ご、ご褒美…です…!」

23: 以下、VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:51:37.400 ID:P9M70w550
下らなくて結構好き

26: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:07:58.892 ID:tprT3NzG0
~~

勇者「あとは次女ちゃんを食べるだけかー」

勇者「昼食と会いたいな~」

執事「ふぉっふぉっ、ごっちゃになってますがそれはそれで…」

勇者「次女ちゃんは部屋?」

執事「えぇ…………」

勇者「あの部屋?」

執事「…」

勇者「なんだこのテープ、キープアウト?」

勇者「どういう意味?」

執事「今は…後で来いってことですじゃ…」

勇者「そうか…」トボトボ

執事「ふぉっふぉっ…」



次女「あきらめて帰ったみたいね…」

次女「キープアウトの意味は後で来いじゃないけどね」

バァンッッ

次女「ひゃっ!!」

勇者「おかえり!!」

次女「いや、なんで窓から!?!」

次女「ただいまでしょ!?」

次女「いや、ただいまでもないけど!!」

勇者「鋭いツッコミすき」

27: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:08:35.027 ID:tprT3NzG0
次女「ここ4階だぞ!!」

勇者「登った」

次女「あ、後で来いって」

勇者「結構まったけど?」

次女「いやいや…」

勇者「会いたかったんだ、君に」

次女「はぁ?」

勇者「あんまり見れなかったからさ

次女「どうでもいいでしょ、そんなの」

勇者「こうしてみるとやっぱり綺麗だなぁ」

次女「は、はぁ!?」

勇者「窓からの景色サイコー!」

次女「………」

勇者「どうかした?」

次女「うるさいな、帰ってよ」

勇者「え、もう?」

次女「あんたなんて赤ちゃんからやり直しなさい!!」

勇者「原点回帰!?!そこまで!?」

次女「だいたいお姉ちゃんだってお父様の為に話してるだけなんだからね!!」

勇者「まじ……でか……」

次女「そうよ…お父様を殺す存在と結婚なんて……」

勇者「お前、日記にヤバイこと書いてんな」

次女「なにみてんのよ!しね!!」ドカァン

勇者「うわぁ!!落ちる~!!」ヒューン

勇者「あ、でも景色いいな」

ドカァン!

執事「大丈夫ですか?」

勇者「肩こり治ったかも」

勇者「ってここでスタンバってたの!?」

執事「今来たところですじゃ」
勇者「うっそーん」

30: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:19:12.915 ID:tprT3NzG0
~~昼

勇者「じいや、お父様は?」

次女「お父様呼びはやめなさい!」

勇者「え?みんなお父様って」

執事「魔王様は私用で出られています」

勇者「いや、魔王外出すんのかよ」

勇者「俺きたとき居なかったらどうしてたの?」

執事「お待ち頂きます」

勇者「客か!! 」

執事「よろしければ軽食も出しますよ」

執事「誰も手をつけませんけどね」

勇者「なんでだ!もったいない!」

次女「あんたよくいままで生き残ったわね」

三女「勇者はつよいから大丈夫なんだよー!」

勇者「あぁ、大丈夫だ!」デレデレ

次女「毒殺に強いもクソもないでしょ」

三女「強いから大丈夫だよ!」

勇者「あぁ、大丈夫だ!」デレデレ

次女「ためしに毒殺してやろうかしら」

長女「うふふ、ずいぶん仲良くなったようね?」

次女「はぁ?なんであんなクソと」

長女「ふふふ」

次女「ちょっと!やめてってば!!」

執事「ふぉっふぉっ」

31: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:27:53.425 ID:tprT3NzG0
~~荒野

魔王「うおおおお!」

ズハァァァァン

魔物の群れ

「「「ぎゃああああ!?」」」

魔王「ふぅ」

魔物「クケケ、あのお方にはさから…えない…ぞ……」

魔物「ふん」ぐしゃ

魔王「もう、時間がないようだ…勇者よ」

~~魔王城

勇者「お義父さんディナーにも帰らないなんて…」

次女「お義父さんっていうなよ!」

勇者「なんと呼べば!?」

次女「親愛なる魔王様とか」

勇者「腐っても勇者だぞ…」

長女「うふふ、それより4回目のディナーは美味しい?勇者様」

勇者「じいやの飯ならいくらでも入るな!」

じいや「お口にあって良かったですじゃ」

三女「私も食べる~!」

長女「あんまり食べると太るわよ」

次女「ごちそうさま…」

長女「あら、もういいの?」

次女「ふん…」

長女「あら…」

勇者「?」

執事「お任せください」

長女「」コクッ

32: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:33:18.905 ID:tprT3NzG0
~~夜

勇者「よーし!早寝早起きは基本だよな」

勇者「それにしてもこんなに女の子と接したのは初めてだ…」

※ほぼ殴られただけです

勇者「だれと結婚しよう……」

勇者「長女は一番キレイでタイプのお姉さん…」

勇者「次女は性格が一番好きだ…」

勇者「もちろん可愛いし、ツインテールが愛らしい」

勇者「三ちゃんは、未来に期待できるし、合法ロリ……ぐへへへ」

勇者「まぁ、ゆりかごから墓場までストライクゾーンは広いしな」

勇者「ともあれ、寝るか」モフン

~~しばらく

ギギィ

勇者「…」パチッ

勇者(ん?だれか、きた)

勇者(いったい?)

33: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:37:29.511 ID:tprT3NzG0
スッスッスッ

勇者(だれ…か………)バクンバクン

勇者(布団の中に…?)

「ゆうしゃ…さま…」

勇者(耳元に吐息が!!!)ゾクゾクゥ

「起きてますよね?」

「はぁっ」フゥ

勇者「うっ」ゾクゾクゥ

勇者「は、はい、長女…さん…?」

長女「私…ガマン…できません…///」

ピトッ

勇者(あぁ!柔らかい感触が背中に…)ギンギン

34: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:42:02.445 ID:tprT3NzG0
勇者「あ、あの」

長女「お願いします……わたしを…」

「だ い て … く だ さ い … …」

勇者「え!?ふぁ!」

長女「そういう条件なんですよね?」シュルシュル

長女「勇者さま」ギュッ

勇者「ひはっ!」バクンバクン

勇者(いいのかー!長女でいいのかー!)

勇者(正直もう好きだ~!!)

長女「勇者様」サワサワ

勇者「くっ」

勇者(理性が…もうどうなってもいい、ありったけ……)

35: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:45:15.759 ID:tprT3NzG0
~~

「だいたい……お姉ちゃんだって…お父様の為に……」

~~

勇者「長女ぉぉ!!」ガバァ

長女「きゃっ///」

勇者「はぁ、はぁ、」

長女「いいですよ、来て下さい」

勇者「長女…」ガシッ

長女「ひゃ//」ビクン

勇者「ダメだ……出来ない……」

長女「…………え?」

勇者「出来ないんだ………」

38: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 00:49:44.913 ID:tprT3NzG0
長女「なぜ……ですか…?」

長女「私に悪い所がありましたか?」

長女「こう言っては何ですが人間より何倍も美しいです!顔も…!体も…!」

長女「無礼があったなら謝ります…だから……」

勇者「ちがう!ちがうんだ!!」

勇者「長女に魅力が無いわけじゃない!!」

長女「?」

長女「ならば……なぜ?」

勇者「むしろ好きだよ、キレイだし」

勇者「抱きたくて仕方ないよ…」

勇者「でもさ、これは本当に君の本心か?」

長女「…!?」

長女「それ……は…」

勇者「話してくれないか?全部…」

長女「……」

39: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:01:28.416 ID:tprT3NzG0
長女「あなたは魔界を知ってますか?」

勇者「魔界…?」

長女「世界は神界、人間界、魔界の三つに分類されます…」

長女「これは人間も一部の王族なら知っているかも知れません」

勇者「そ、そうなのか」

長女「問題は魔界です」

勇者「…」

長女「魔物はおよそ400年前魔界から現れました」

勇者「それは知っている」

長女「その時同時に来たのが、魔王、私のお父様です」

勇者「そして、世界を征服しようとした…」

長女「それは違います……」

勇者「なにが…ちがうんだ?」

長女「お父様は人間界を守るために来たのです」

勇者「はぁ?」

長女「魔界には何千年もまえからの支配者、魔神というものがいるのです」

勇者「魔神?」

長女「しかし、魔神は息たえるときに二人の子を産み落としました」

長女「それは二人の魔王です」

長女「魔王は二人揃えば魔神並みの力を有します」

長女「二人は子供ながら圧倒的力でふたたび魔界を統治しました」

勇者「なるほど」

長女「しかし、ある日兄である魔王がお父様に言ったそうです」

長女「人間界がほしいと……」

勇者「!?」

40: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:10:43.496 ID:tprT3NzG0
長女「お父様は魔神には魔界があると猛反対したそうですが、すでに多くの兵を懐柔されていたらしく」

長女「数千の魔物と闘いましたが結局兄の魔王の方がわずかに強かったそうです…そして……お父様のわずかな仲間と共に…」

勇者「人間界に逃げて来たと…」

長女「はい、そしてこちらに来たお父様は魔界と人間界を繋ぐゲートの上に」

長女「魔王城を建てて結界を張りました…」

長女「お父様はそれから三百年にかけて魔王軍を強化してきました」

長女「最終的には人間界を征服し、人間と魔界に対抗するために…」

勇者「そ、それならもっと和解の方法も…」

長女「そんなの何百年も前に試されました…しかし…」

長女「魔界の者に耳を貸すものなど…」

長女「そればかりか人間は!!父を殺すために神に頼み勇者の一族を作り出したのです!!!」

勇者「…」

長女「あ、すいません!そんなつもりじゃ」

41: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:11:48.233 ID:jIDK4j/40
こんな展開になると誰が序盤に予想したか

43: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:23:02.977 ID:tprT3NzG0
勇者「いや、いいんだ続けてくれ」

長女「…それでも父は人間界を守るために征服を試みていました」

長女「強い部隊で制圧すればいいという話ではありません」

長女「大戦になり潰しあえばどちらが勝つにしろ双方の兵力が弱体化し、それをきに魔界から攻め行ってきます」

勇者「なるほど」

長女「ですから、お父様と人間は今まで均衡状態を続けていたのです。どうにか人間を征服をするために」

長女「しかし、あなたが現れました」

勇者「…」

長女「お父様はあなたを見て明らかに他の勇者とは違うと見抜いたそうです」

勇者「だろうな!」

長女「そしてその強さ…単体で魔王クラスだと…」

勇者「……」

長女「覚えていますか?」

長女「魔王は二人で魔神並みの力を発揮する」

長女「お父様はあなたと二人で魔界の王…魔界王を倒すと決めたのです!」

長女「それに人類最強のあなたが魔王の娘と婚約すれば、人間とも円滑に同盟が進めれると思ったのでしょう」

勇者「なるほどな…」

長女「お願いです…お父様は…魔王は何百年も一人で闘い続けているのです!」

長女「時間は残されていないのです!お父様を助ける為に私と…!」

勇者「わかった」

長女「よかった……なら、わたしを…」

勇者「助けてやるが、今じゃねぇ!」

長女「…へ?」

44: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:33:12.053 ID:tuVVWnWB0
これは熱い展開

45: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:33:33.891 ID:tprT3NzG0
勇者「そんな理由じゃお前を抱けねぇ!!」

長女「そんな…理由ですって!?」

勇者「あぁ、そんな理由さ」

勇者「お前本心の熱意も伝わった、俺も勇者だからな」

勇者「その話を信じて世界を助けるさ」

勇者「しかしな、お前の、長女の気持ちを無視して抱くことはできない」

勇者「俺に抱かれたいなら」

勇者「本当の意味で愛してくれ」

長女「勇者…さま…」

勇者「なんてな、かっこつけすぎたかな」

勇者「まぁ任せとけって」

勇者「それに魔王に言われてるんだ」

長女「?」

勇者「本当に愛し合って…結婚して…」

勇者「そのときに娘をやるってな!」

長女「ゆうしゃ…さ……ま…」

長女「うわぁぁぁぁん」ガバ

勇者「よしよし」ポンポン

勇者「よく耐えたな、ごめんな、気づけなくて」

勇者「抱くことはできないが」

勇者「抱き締めることはできるからさ」

長女「~~ッッ」



勇者「寝たか…」

長女「すー、すー」

勇者「外で夜風にでもあたるか…」

ガチャ

執事「こんばんわ」

勇者「あ!じいや!」

46: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:38:47.177 ID:tprT3NzG0
勇者「い、いつから!」

執事「最初からですじゃ…」

勇者「す、スタンバってたのか…」

執事「はい…」

執事「かっこよかったですぞ、勇者様」

勇者「な、盗み聞きか!」

執事「ふぉっふぉっ、頼みましたぞ」

執事「我々《魔王軍》の未来も、あなたにかかっておるです…」

勇者「あぁ」

執事「ふ、その目…安心しました…」

勇者「そろそろ朝飯だよな」

執事「ふぉっふぉっ!!」

執事「夜食でいいのならお作りしますが」

勇者「おー!ありがとうじいや!」

勇者「じいやは男だけど好きだぜ~!」

執事「それはどういう?」


47: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:45:08.276 ID:tprT3NzG0
~~次の日 朝食

長女「はい、勇者さま…」

トクトクトクッ

勇者「お、ありがとな」

勇者「ゴクゴク」グイ

三女「私もお水つぐー!!」

勇者「お、ありがとうな三ちゃん」

次女「なんかおかしい…」

次女「いきなりお姉ちゃんがこんなベタベタするなんて…」

次女「勇者もなんか大人びた感じするし」

次女「昨日の夜…やっぱりなんかあったんじゃ…」

次女(もしかして私のかわりに…あんなこととか…///)

次女「まさか!!ないない!」

次女「うーん」

長女「まぁ、こぼしてますよ勇者様」

フキフキ

勇者「あ//そこは自分で拭くから!」

48: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:49:16.573 ID:tprT3NzG0
~~魔王城 廊下

勇者「にしても迷路みたいだよなー」テクテク

執事「まぁ、戦闘区と居住区は別れておりますが、ここも念のため複雑になっておるのですじゃ」

勇者「お、次女の部屋だ」

勇者「今日はテープないな」

執事「さようで」

勇者「まぁ、今日はいいか」

執事「そうですかな?」

バタンッッ

次女「鍵開けてるんだからはいれー!」

勇者「えぇ!?」

執事「し、失礼しますじゃ」

勇者「まって!逃げないでじいや!!」

勇者「じいやぁぁぁぁぁ」

ズリズリズリズリズリ

バタンッ!

51: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:52:28.396 ID:tprT3NzG0
次女「はぁ、あんたさ」

勇者「は、はい」

次女「なんで正座してんの?」

勇者「なんとなく…」

次女「まぁ、いいや」

勇者「はい…」

次女「単刀直入に聞くけどさ」

次女「あんた、お姉ちゃんになんかしたでしょ?」

勇者「……」

勇者「…いえ」

次女「なに!?今の間なに!?」

勇者「な、なにもしてないですよー?はは」

次女「はー?隠してるわよね?」

勇者「う…」

次女「な、なにしたのよ?いって見なさいよ?」

次女「ほら、はやく、いいなさい」

グイグイ

勇者「う…」

52: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 01:59:41.648 ID:tprT3NzG0
勇者「な、なんというか…夜中に長女が俺の部屋に…」

次女「はぁ!?どういうこと!?なんで行ったの?」

勇者「いや、その…なんででしょうねー」

次女「あんたまさか変なことしてないでしょうねー?」

勇者「…はい」

次女「あやしい!ちゃんと話さないと痛い目見せるわよ!」

勇者「ヒェッ…」

勇者「えーと、なんというか…まず薄着の長女がベッドに入ってきて…」

次女「べべべベッドに!?」

勇者「そして、少しささやかれて…」

次女「///!?」

勇者「それからしばらく声を掛け合いながら身を寄せあったというか…」

次女「なななななななな///!?!?」

勇者「あ、でも最後はちゃんとこれからの事を話し合って抱きしめといたから」

勇者「大丈夫ですよ」グッ

次女「人の姉に何してんだお前はー!!」

ドゴォォォン

勇者「結局こうなるんかーい!」ヒューン

ズドン

勇者「いて!」

執事「ごきげんよう」

勇者「じいや!?」

54: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:09:48.348 ID:tuVVWnWB0
どこにでも現れるじいや好き

55: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:13:38.117 ID:tprT3NzG0
~~又々 次女 自室
次女「なーんだ、そういうことなら早く言いなさいよね」

勇者「いや、言ったよね?俺言ったよね?」

次女「あんたが変な表現ばっか使うからでしょ!」

勇者「す、すいません///」

次女「なんで罵られて赤くなってンのよ気持ち悪い」

次女「まぁ、事の発端を聞いたなら話は早いわ」

勇者「あぁ」

次女「すぐに消えて」

勇者「あぁ…」

勇者「えぇ!?」

次女「聞こえなかった?」

次女「魔王城から出ていってって言ったの」

勇者「いや、なんでそうなるんだ?」

次女「これはモトはと言えば全て魔界の問題よ」

次女「私がなんとかしてみせるし」

次女「そもそもあんた達人間には関係の無いこと」

次女「だからあんたの協力もいらないから」

次女「まぁ、勇者が人間かも怪しいけどね、神の作り物らしいし」

勇者「…おい」

次女「な、なによ」

勇者「お前今なんて言った?」

次女「は?」

次女(神の作り物って地雷だったのかしら?まぁ、関係ないけどね…)

次女「あんたなんて神の…」

勇者「それじゃねぇよ!」

次女「?」

勇者「あんた達人間の手はいらない?」

勇者「私が片付けるから?」

勇者「お前ごときに何が出来るんだよ!!」

次女「わ、私だって修行してるんだから!!!」

56: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:14:03.319 ID:tprT3NzG0
勇者「はぁ?」ガシッ

次女「きゃっ」

勇者「ほら、振りほどいてみろよ」

ギリギリギリギリッッ

次女「ッッ!!」

ギリッ

次女「痛!」

勇者「」バッ

次女「ッッ」バタンッ

次女「くっ、」

勇者「それが…限界か?」

次女「……によ…」

勇者「は?」

次女「なによ!!あんたに私たちの何がわかるって言うのよ!!」

勇者「…」

次女「何百年もこの不毛荒れ地に!この城に閉じ込められて!」

次女「助けようとしてる人間に裏切られて!」

次女「そのつぎは勇者!?」

次女「今度はお父様を殺すためにあんたをつくってさ!!」

次女「人間なんてだいっきらいなのよ!!!」

57: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:21:42.388 ID:tprT3NzG0
勇者「……」

次女「そして、最後の挙げ句には…」

次女「人間のために勇者と結婚?」

次女「こんなの本当に…」

次女「ばか……げてるじゃ……ない…?」

次女「なんで私たちがここまで尽くさなきゃならないのよ!」

次女「なんで心までねじ曲げられなくちゃならないのよ!!」

次女「なんでなんでなんでなんでなんで!!!」

次女「私たちには…ただ平穏にくらす…」

次女「たった…」

次女「たったそれだけも…許され…ないの?」ツー

勇者「確かにな」

次女「な、何がたしかによ!!バカにするな!!」グッ

ブンッ!!

勇者「」ガシッ

次女「!?」

勇者「バカになんてしてないよ」

勇者「ただ確かに人間はバカだ」

勇者「バカでどうしようもないクズばっかりで、お前らの事を知りもしないのに」

勇者「魔族だからって理由で話を聞こうともしなかった」

勇者「助けたい相手に…」

勇者「何百年も蔑すまれて、恨まれ、憎まれ」

勇者「そんな重圧俺だったらとっくに耐え切れないと思う」

勇者「すげぇよ、お前は」

59: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:28:03.947 ID:tprT3NzG0
勇者「いや、お前らは、何より魔王はさ」

次女「…ッ!」

勇者「でもさ、今はいるじゃねーか」

勇者「ここに…お前の目の前にいるじゃねーかよ」

勇者「お前の話を、想いを、何もかもぶつけれる相手が!!」

勇者「俺がいるじゃねーかよ!!」

次女「ッッーー!?」プルプル

勇者「お前一人で抱え込むなよ、お前だけでどうかしようなんて思うなよ!!」

勇者「俺は何があってもお前を支えるから!!絶対に離れないから!!」

勇者「お前の、お前らの為にも戦わせてくれよ!!!」

次女「ゆう…しゃ…」

勇者「ちょっとは…信用しろよな…」

勇者「確かに俺は魔族じゃない…」

勇者「人間でも…」

勇者「俺は弱いものの味方」

勇者「勇者だぜ?」

次女「うわぁぁぁぁぁ!」ガバッ

勇者「ほんとに…なんで魔族ってこんな頭が固いのかね…」

勇者「もう、お前は一人じゃないんだぞ……次女……」

60: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:36:05.018 ID:tprT3NzG0
~~

次女「ズズッ」

勇者「落ち着いたか?」

次女「……とう」

勇者「え?」

次女「ありがとうって言ったの!!」

勇者「あ、あぁ」

次女「もう部屋から出でいって!」

勇者「えぇ!?」グイグイ

バタンッ!

~~廊下 次女 自室前

勇者「えぇ~…」

次女「」ギィ

勇者「なに覗いてるんだよ」

次女「今日の事…」

次女「みんなに言ったら殺すから…///」プイッ

バタンッ!

勇者「……」

勇者「女性経験が無さすぎて意味がわからん」

執事「かっこよかったですぞ」

勇者「じいや!?」

勇者「じいやここに居たっけ!?」

執事「今来たところですじゃ」

勇者「足音もしなかったし…て言うか今きたのになんで知ってるの!?」

執事「見えていますからなぁ…ふぉっふぉっ」

勇者「あ、そういえば」
「「昼食はまだかな?」」

勇者「え?」

執事「」ニコ

執事「ただいま用意いたしますじゃ」

勇者「強キャラの匂いがするぜー、じいや…」

61: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:38:00.356 ID:tprT3NzG0
~~上巻 fin ×

続く

62: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:41:43.421 ID:8Vpr4uJ10
お疲れ様ー
続き楽しみにしてる!

67: 以下、VIPがお送りします 2017/11/02(木) 02:44:38.684 ID:tprT3NzG0
ありがとうございました、乙です