06151613_557e7b371fb88

元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1511799319/

1: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:15:19.436 ID:Mn/lQ/7e0
男「……」

女殺し屋「……」コソコソ…

男「おい、お嬢さん」

女殺し屋「!」ビクッ

男「安全装置が外れてるぜ」ニヤッ

女殺し屋「えっ!?」

4: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:18:31.956 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「あ、ありがとう!」

女殺し屋「安全装置が外れてたら、危ないものね! 暴発しちゃうものね!」

男「ふっ、その通りだ」

女殺し屋「あなた銃に詳しいの?」

男「まぁな……」

男「世界中のあらゆる銃のデータが、俺の頭の中にはあるのさ……」トントン

女殺し屋「すごーい!」

6: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:21:17.984 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「もしかしてこの業界じゃベテランなの?」

男「まぁな……」

男「お前さんは?」

女殺し屋「あたしはまだまだよ! 経験のない新人なの!」

男「ふっ、だろうな」

男「ベテランだったら、そんな初歩的ミスを犯すはずないからな」

女殺し屋「尊敬~!」

7: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:22:05.939 ID:oBQL4/Dcr
なんだこれ

8: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:23:11.153 ID:vccj05NQ0
見切り発車感がすごい

10: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:24:31.550 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「あのー、よかったらあたしのマンションに来ない?」

男「いいのかい?」

女殺し屋「うん、色々とお礼もしたいし」

男「いいだろう。ここから近いのか?」

女殺し屋「まぁね!」

男「やれやれ、狼が兎の巣に招かれることになっちまったぜ」

11: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:26:40.540 ID:TTgjqPWXd
プロだ

12: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:27:35.845 ID:Mn/lQ/7e0
―マンション―

女殺し屋「はい、コーヒー」

男「ふっ、いただくぜ」

女殺し屋「だけど、よく一目で分かったわね~。安全装置が外れてるって」

男「この業界はそれぐらい一目で見抜けなきゃ務まらないさ」

女殺し屋「そりゃそうよね~。あたしももっと勉強しなきゃ!」

男「ふっ、頑張れよ」

14: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:30:22.240 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「あの~、実は相談があるんですけど」

男「なんだい?」

女殺し屋「今度あたし大事な仕事があるんだけど、あたしの仕事手伝ってくれない?」

男「……」

男「いいぜ」

女殺し屋「ありがとう! 初仕事だから心細かったの!」

17: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:32:09.254 ID:GHpjCAXh0
もう女殺し屋を応援したくなってきた

18: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:33:24.352 ID:Mn/lQ/7e0
男「どんな仕事だい? 営業? 宣伝? それとも企画・開発かな?」

女殺し屋「どれも違うわ。実戦……ってとこかな?」

男「? ……ふうん」

男「ま、実践は大事だな。手伝ってやるよ」

女殺し屋「ありがとう!」

男「もちろん、報酬はそれなりに貰うがな」

女殺し屋「そりゃもう! 折半しましょ!」

男「おいおい、太っ腹だな。一回メシおごってくれるぐらいでいいのによ」

19: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:36:18.785 ID:Mn/lQ/7e0
男「で、実践ってのは具体的には?」

女殺し屋「もちろん殺しよ」

男「殺し? 顧客への殺し文句を考えろってことかな?」

女殺し屋「アハハ~、ギャグがうまいんだから!」

男「?」

女殺し屋「殺人に決まってるでしょ~!」

男「……え?」

男「サツジン?」

22: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:40:20.197 ID:Mn/lQ/7e0
男「あのさ、ちょっとさっきの銃持たせてもらっていい?」

女殺し屋「いいけど?」

男「……」ズシッ

男(……重い)

男「もし持ってたら、弾も見せて」

女殺し屋「いいよ。なんだったら一つあげようか?」

男「あ、ありがと」

男(……これも重い)

男「あ、あのさ……これってもしかして本物?」

女殺し屋「やだ~、なにいってるの? 本物に決まってるじゃない!」

男「へ、へぇ~」

24: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:43:40.655 ID:Mn/lQ/7e0
男「ちょっと聞きたいんですけど……」

男「もしかして、君の仕事ってお金をもらってターゲットを殺す系のお仕事?」

女殺し屋「今さらなんでそんな確認するの?」

女殺し屋「そうに決まってるじゃない! ね、同業者さん?」

男「……!」

男(オイオイオイ、待て待て待て)

男(俺は殺し屋なんかじゃねーぞ!)

男(ガンマニアで、エアガンやモデルガンのメーカー勤めのサラリーマンでございますよぉぉぉぉぉ!!!)

27: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:46:31.787 ID:Mn/lQ/7e0
男(落ち着け……今さら正体は明かせない。落ち着け、俺! 深呼吸だ!)ヒッヒッフー

男「ち、ちなみに……ターゲットは?」

女殺し屋「政治家よ!」

男(政治家!?)

女殺し屋「名前は――」

男「……!」

男(次期総理大臣確実っていわれてる政治家だ……新聞やニュースで名前を見ない日はない)

男(大物すぎるじゃねえかぁぁぁぁぁ!)

30: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:49:47.134 ID:Mn/lQ/7e0
男「あのぉ~」

女殺し屋「ん?」

男「もし……今からやっぱり手伝うのやめるっていったらどうする?」

女殺し屋「そんなの許さないんだから~! ターゲットまで聞いておいてさ」

男「ハ、ハハ……だよね~」

女殺し屋「この場で戦闘が始まっちゃうわよ!」

男「ハ、ハハハ……」

31: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:51:05.951 ID:GHpjCAXh0
この男が女殺し屋に負けるなんて想像できないけどな

32: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:54:05.970 ID:Mn/lQ/7e0
男「だ、だけど……あいつは相当大物よ? そんな奴、本当に殺せるのかな?」

男「いつも屈強のガードマンが脇を固めてると思うけど……」

女殺し屋「平気、平気! 依頼人が絶好のタイミングを教えてくれたから!」

男「絶好のタイミング……?」

女殺し屋「ターゲットはジョギングが趣味みたいで」

男(ああ、ジャージ姿で有権者にアピールしてたこともあったな)

女殺し屋「今夜、ターゲットがある人気のない通りを一人でジョギングするっていうのよ!」

男「へ、へぇ~、なんて都合のいい……」

男「って今夜!? 明日とか明後日じゃなく!?」

女殺し屋「うん、今夜! あと何時間もないよ」

女殺し屋「ってわけで、よろしくね!」

男「よ、よろしく……」

33: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 01:57:14.194 ID:Mn/lQ/7e0
男(このままじゃ殺人の片棒を担がされる! テロといっても過言じゃない! 逃げないと!)

女殺し屋「あ、ちょっと」

男「ひゃいっ!?」

女殺し屋「もし逃げようとしたら、撃っちゃうからね! 心配ないと思うけど」

男「へ、へへへ……そんなわけないじゃないすかぁ~、アネさん」

女殺し屋「なんかキャラ変わってない? 汗もすごいし」

男「いやぁ~、元々こんなもんだったよ、ハハハ……」

36: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:00:03.997 ID:OFMzb03V0
さぁこっからどうするんだ
果たして展開は考えてあるのか

37: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:00:31.022 ID:Mn/lQ/7e0
―ターゲットが通る道―

女殺し屋「ここで待ってれば、ターゲットが通るってさ」

男(結局、付き合うことになってしまった……)

女殺し屋「じゃ、あなたはそこにいて。あたし一人でやるつもりだけど、もしもって時は出てきて!」

男「アイアイサー!」

女殺し屋「よ~し、この仕事を成功させて絶対名を上げてやる!」

男(来ちゃダメ~、政治家さん! 逃げてーっ!)

38: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:03:30.192 ID:Mn/lQ/7e0
スタスタ…




男「誰か来た……?」

女殺し屋「うん、時間通り」

男(だけど、ずいぶん若くないか? そもそもジョギングしてないし……)

39: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:07:51.285 ID:Mn/lQ/7e0
ヒットマン「そこに隠れてるんだろ。出てこいよ」



女殺し屋(え!?)

男「な、なんかヤバそうな奴が来たんですけど……どう見ても政治家には見えない感じの……」

女殺し屋(なんなのよ、誰なのよアイツ!?)

男「あ、あのぉ~……依頼人に、報・連・相した方が……」

女殺し屋「いわれなくてもそうするわよ!」

41: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:12:21.541 ID:Mn/lQ/7e0
依頼人『ん、なんだ? 話が違う?』

依頼人『ハハハ、大物政治家殺しなんて大仕事を君のような小娘に依頼するわけなかろう』

依頼人『実は私が本当に依頼したのはそちらにいるヒットマンなのだが』

依頼人『彼は少々ブランクがあって、久しぶりに実戦の勘を取り戻したいというのでね』

依頼人『ちょうどいい準備運動になりそうな君に嘘の依頼をさせてもらったわけだ!』

依頼人『というわけだ。安心して彼に殺されてくれたまえ』

女殺し屋「なによそれぇ!」

女殺し屋「あんた、あたしが生き残ったら絶対許さないんだから!」

依頼人『ハッハッハ、大丈夫』

依頼人『君が生き残る確率はゼロだ』

42: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:15:08.618 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「うう……こんな、こんなことって……」

男「ようするに……初仕事でハメられちゃったってこと?」

女殺し屋「……そういうことよ!」

男「どうすんの!? アイツ、メチャクチャ強そうだよ!?」

女殺し屋「こうなったら覚悟を決めなきゃ! やるしかないわ!」ダッ

男「ああっ!」

44: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:18:58.507 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「あんたなんかに殺されてたまるか!」

ヒットマン「フッ、女の殺し屋だったか。いいウォーミングアップになりそうだ」


パンッ! パンッ! パンッ! パンッ!

パンパンッ! パンッ! パンパン! パンッ!



男「ひえええええっ……!」

男(本格的に撃ち合いが始まったぁ~~~~~!!!)

46: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:21:14.478 ID:Mn/lQ/7e0
ヒットマン「やるじゃねえか、お嬢さん」パンッパンッ

女殺し屋「なんて動きなの……!」パンッパンッ





男(一見互角に撃ち合ってるようだけど……素人目にも分かる)

男(彼女は完全に遊ばれてる……!)

男(敵は彼女をいつでも殺せるけど、この戦いは練習みたいなもんだからわざと長引かせてるんだ……)

47: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:24:21.513 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「あっ!」カチカチッ

ヒットマン「メチャクチャに撃ちまくるからそうなるんだ。ほとんどド素人だな」

ヒットマン「さて、そろそろトドメを刺すか。一発で脳天撃ち抜いてやる」

女殺し屋「くっ……!」




男(ま、まずい……彼女が殺されてしまう……!)

男(どうしよう、どうしよう……!?)

男(助けてあげたいけど、俺にできることなんて……)

48: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:25:54.061 ID:bDHK0sela
いや通報しとけよ

49: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:26:24.313 ID:EiD+yL3q0
通報したら女殺し屋が捕まるだろうが

50: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:28:18.635 ID:Mn/lQ/7e0
男(いや、待てよ……)

男(ヒットマンの発砲数は覚えてる)

男(あのヒットマンの銃なら、ヤツもあと一発で弾切れになるはず!)

男(だけど経験豊富っぽい殺し屋が、なんでわざわざそんなことを……!?)

男(きっとアイツは……実戦の勘を取り戻すため“残り一発で仕留める”ってのをやりたいんだろう)

男(だったら、その一発さえ妨害できれば……! ヤツも丸腰同然になる!)

52: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:29:38.404 ID:zS8cfHwcr
おお!

54: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:32:05.059 ID:SCddFtYNa
寝ようと思ったのに...

55: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:33:31.697 ID:Mn/lQ/7e0
ヒットマン「死ね!」グッ…

女殺し屋「くうっ!」

男「おい」ザッ

ヒットマン「!?」

男「安全装置が外れてるぜ」

ヒットマン「は?」パンッ

ヒットマン「あ」

ヒットマン(し、しまった!)

ヒットマン(突然出てきたあの男がわけ分からんこというから、とんでもない方向に撃っちまった!)

60: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:35:24.505 ID:fWkMe9jm0
えぇ…

61: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:35:58.309 ID:NN7gOmnu0
ポンコツかましてんじゃねーよ

63: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:40:11.602 ID:Mn/lQ/7e0
ヒットマン「なんだお前は!?」

男「ふっ、俺は殺し屋さ。しかもベテランのな……」

ヒットマン「んなわけねえだろう! 俺には同業者のニオイってのが分かるんだよ!」

男「すみません嘘つきました! 私はしがないサラリーマンでございます! 土下座しますです!」ガバッ

女殺し屋「えっ……!」

ヒットマン「素人の気配に気づかない上に邪魔されるとは……俺もサビついたもんだな」

ヒットマン「さっさと弾補充して殺しちまうのもいいが……邪魔をした罰だ!」

男「なるべく楽に殺して下さい!」

ヒットマン「てめえはなぶり殺しにしてやる!」

男「いやぁぁぁ! も、申し訳ありま――」

ドカッ! バキッ! ドカッ! ドゴッ! ガッ!

男「ぎゃあああああっ……!!!」

64: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:44:42.415 ID:Mn/lQ/7e0
ヒットマン「お嬢さん、助けに入ってもいいんだぜ?」チラッ

女殺し屋「!」

ヒットマン「もっとも新米のお嬢さんは予備の弾丸なんて準備してねえだろうし」

ヒットマン「殴りかかってきても結果は見えてるがな!」

女殺し屋「くっ!」

ヒットマン「このクソ素人が! 楽には死なさねえぞ!」

ヒットマン「オラッ! 俺の蹴りは重いだろうが! 俺は本物の殺し屋だからなぁ!」

バキッ! ガッ! ゴッ!

男「がはっ……!」

67: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:47:37.058 ID:Mn/lQ/7e0
ドカッ! ガッ! ガスッ!

男(ん、“重い”……!?)

女殺し屋(ん、“本物”……!?)

男「――!」ハッ

女殺し屋「――!」ハッ

男(そうだ、あの時!)

女殺し屋(そう、あの時!)

男(俺はあの子から、一発だけ弾丸をもらってる!)

女殺し屋(あたしはあの人に、一発だけ弾丸を渡してる!)

男「それえっ!」ポイッ

女殺し屋「ナイスパス!」パシッ

ヒットマン「なにぃ!?」

69: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:51:20.191 ID:Mn/lQ/7e0
ヒットマン「し、しまった!」

女殺し屋(この距離ならいける!)

女殺し屋「この一発は……絶対外さない!」


パァンッ!




ヒットマン「ぐっ!?」

ヒットマン「はぁぁぁぁぁ……」ドサッ…

70: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:54:03.177 ID:I/PaquZqr
いいチームワークだ

72: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:55:36.716 ID:Mn/lQ/7e0
男「ぐうっ……げほっ、げほっ……」

女殺し屋「大丈夫?」

男「大丈夫じゃないけど……なんとか……」

男「それよりあのヒットマンは……殺したのか?」

女殺し屋「失神してるけど生きてはいるみたい……急所を外しちゃった」

女殺し屋「やっぱりあたしってダメね……。まんまと依頼人に騙されて、戦った相手も殺せず……」

男「そんなこと……ないよ」

男「殺しをしなくて……済んだじゃないか……」

73: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 02:58:57.214 ID:eARIuQKh0
これは面白い

74: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:00:14.442 ID:Mn/lQ/7e0
男「俺の正体はさっきいった通りだけど……」

女殺し屋「……」

男「君も今ならまだ引き返せる。足を洗わないか?」

女殺し屋「でも、あたし……!」

女殺し屋「殺しはしてないとはいえ、殺し屋を名乗って依頼まで……!」

男「今までの君は安全装置が外れてたんだけなんだよ」

男「これからは……俺が君の安全装置になってみせる!」

女殺し屋「なんかイマイチよく分からないんだけど……」

男(極上の殺し文句のつもりだったのに)

女殺し屋「……でも、なってくれるっていうんなら、お願いします」

男「よろしく!」

75: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:01:09.769 ID:5tnoVZxTa
ワロタ

76: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:01:18.715 ID:NN7gOmnu0
よしきた

77: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:02:15.281 ID:GHpjCAXh0
安全装置落ちだった

79: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:04:58.485 ID:Mn/lQ/7e0
男「あのヒットマンは縛って通報しておけば捕まるだろうし……」

男「あとは……」

女殺し屋「うん」コクッ

女殺し屋「もしもし」

依頼人『え!? なんでお前が生きてるんだ!?』

女殺し屋「この通り、生き残っちゃったから、後は分かるよね?」

女殺し屋「いつになるか分からないけど、必ず報復するからね~! じゃあね~!」

依頼人『ま、待って下さい! 許して下さい! お願いしま……』

ピッ

男「これで依頼人は一生君の影にビクついて生きてくんだろうな!」

女殺し屋「いい気味!」

80: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:05:39.616 ID:7T9Y7ij50
依頼人小物すぎワロタ

81: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:08:03.066 ID:sJ/IrT+70
起承転結が美しい

82: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:08:45.607 ID:Mn/lQ/7e0
女殺し屋「足を洗ったはいいけど、これからどうしようかな~」

男「やることないなら、俺の仕事を手伝わないか?」

男「今、会社からオリジナル銃を作れって、プロジェクトのリーダーを任されててね」

男「もちろん本物を作るわけじゃないけど、元殺し屋の視点からも意見を聞きたいんだよ」

女殺し屋「いいわ、手伝ってあげる!」





―おわり―

83: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:10:13.074 ID:eARIuQKh0
乙!面白かった

84: 以下、VIPがお送りします 2017/11/28(火) 03:11:15.929 ID:sJ/IrT+70
これは面白かった
ちょうど良い夜中寝る前の暇潰しになった