元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1516411439/

1: 以下、VIPがお送りします 2018/01/20(土) 10:23:59.493 ID:IKD10fRk0
徳島県でラーメン屋を経営する所有者の曽祖父が
明治時代に三好の末裔から入手したという茶碗(通称ラーメン天目)
no title

no title

鑑定の結果は本物の曜変天目で2500万円

しかし明治時代以前から日本にあったはずのラーメン天目を
自分が作ったという中国人陶芸家のおばちゃんが現れる

FLASH 1月30日号の記事より
「鑑定は間違いです。あの作品は私が作り、お土産品として売っていたもの。
販売額は100元~200元(当時で1500円~3000円)ほどなんですよ」(李氏)
李氏は2011年頃から茶碗の底に「供御」と彫り始め、
13~14年ごろから大量に作ったという。だとすれば、明治時代に入手できるわけはない。

【なんでも鑑定団の曜変天目がもう滅茶苦茶 】の続きを読む